スポーツ新聞比較

スポーツ新聞比較

スポーツ新聞とは

スポーツ新聞とは、スポーツやゴシップ・芸能・レジャーなど、娯楽関連のニュースを中心として発行する新聞です。スポーツ紙とも呼ばれれます。

最近は、政治面・経済面など比較的硬めの記事も掲載されますが、内容としては英米におけるタブロイド紙と同等の大衆紙です。

紙面構成は夕刊紙とほぼ同様ですが、スポーツ新聞は紙面サイズが一般紙と同一で、基本的には朝刊です。

夕刊紙とは

夕刊紙とは、夕刊を専門に発行する新聞のことです。夕刊専売紙ともいいます。

一般に店頭販売を原則とし、勤務終了後に帰宅するサラリーマンを主な想定読者とした小型サイズ(タブロイド判)のものが多いです。

紙面構成としてはスポーツ新聞に近いですが、記事は娯楽が中心で、性風俗関連記事も多く見られます。

広告も、性風俗店や、サラリーマン金融のものが多数掲載されます。

主なスポーツ新聞・夕刊紙の発行部数・特徴

  • 東京スポーツ

    発行部数:約242万部

    略称「東スポ」。休日は原則休刊。

    「日付以外は全て誤報」といわれるほど娯楽性を重視し、「飛ばしの東スポ」「ガセの東スポ」の異名を取る。

    明治時代からの老舗新聞である『やまと新聞』の流れを汲む。同紙最後のオーナーで暴力団からプロレス界まで幅広く顔が利いた右翼の児玉誉士夫がそのままオーナーとなり、現在は児玉の側近であった太刀川恒夫が発行元の会長を務めている。

    創刊当時からプロレスを大きく扱い、他に競馬・風俗関係の記事に強い。1980年代半ばまで、赤い見出しとインクで手が汚れるプロレス新聞として知られた。

    2000年代あたりからは、日本人スポーツ選手の海外進出が本格化したため、時差の関係から、日本のスポーツ紙の中で最も早く国外スポーツの試合結果を伝えられるケースが多いという特性を生かし、野球のメジャーリーグ・ゴルフのPGAツアー・欧州各国のサッカーリーグなど欧米のスポーツに関する記事に力を入れるようになっており、娯楽性の強いゴシップ記事は減少傾向にある。

  • 日刊スポーツ

    発行部数:約196万部

    略称「ニッカン」。

    日刊スポーツ新聞社、日刊スポーツ新聞西日本、北海道日刊スポーツ新聞社、沖縄タイムス社の4社から発行されている。

    日本最古のスポーツ日刊新聞で。朝日新聞グループのスポーツ新聞である。主義は左寄りで反小泉の立場をとっているほか、NHKに対しても批判や皮肉めいた記事が目立つ。

    駅売りよりも圧倒的に宅配の多い新聞。購読者層は自営業の方からサラリーマン(営業職や事務所)や主婦層まで幅広く、読み易い紙面に人気がある。

    1面の見出しが青色で掲載されていたことから、「ブルー・ニッカン」の愛称を持っている。1面がフルカラー化した現在も題字や枠線など、青色を基調としたデザインを使用している。マスコットキャラクターはブルドッグをモチーフにした「ブル男」で、「ブルー・ニッカン」が名前の由来となっている。

  • 西日本スポーツ

    発行部数:約196万部

    略称は西スポ。

    1955年2月21日、九州で初のスポーツ新聞として創刊された。九州各県のスポーツの情報に力を入れている。フクニチ新聞が発行していたフクニチスポーツが廃刊されるまでは、福岡県内においては西スポ・フクスポで熾烈な読者獲得争いが繰り広げられていた。

    特に福岡ソフトバンクホークスについては、他に大きな出来事があっても、1面に持ってくるほど力を入れている。

    創刊当初はアダルト面もあったが、後に廃止されている。

  • スポーツニッポン

    発行部数:約171万部

    略称「スポニチ」。毎日新聞の僚紙的位置付けとして創刊した。

    創刊当初は「スポーツ紙唯一の全国紙」をスローガンにしてスポーツ、芸能情報を積極的に提供してきた。現在では定番となった1面記事見出しのカラー化(赤見出し)や、即売版(駅売店など)の専用紙面である風俗記事の連載、最終面をニュース記事のページにする「ダブル1面」を初めて採用した。1980年代の終わりから総合大衆紙を標榜し、社会事件や政治報道などにも力を入れた。1995年(平成7年)にはオウム真理教による一連の事件報道などで、東京本社管内でスポーツ紙としては初めて実売100万部超を達成。この年4月から3か月間、これを維持した。

  • 日刊ゲンダイ

    発行部数:約168万部

    講談社系の出版社である株式会社日刊現代が発行するタブロイド判夕刊紙。

    1975年10月27日に創刊。キヨスクなどの駅売りでは『夕刊フジ』や『東京スポーツ』と競っている。

    記事はほとんどが担当記者名の書かれていない無署名記事で、出典根拠となるコメントも、「関係者」「周辺事情に詳しい人物」等のオフレコを含めた匿名による物が多い。

    創刊時、発行元の株式会社日刊現代が週刊誌を発刊している講談社系の会社であることを理由に、日本新聞協会への加盟を拒否されたため、雑誌扱い(日刊誌)となっている。

  • 夕刊フジ

    発行部数:約155万部

    産業経済新聞社から発行されている日本の夕刊紙。大衆紙的な内容である。関東・近畿での即売が中心。駅売店では「日刊ゲンダイ」や「東京スポーツ」と競合する。

    1969年2月25日に日本初の駅売りタブロイド判夕刊紙として創刊。日本で唯一の、全国紙を発行元とするタブロイド紙である。

    1面は政治、経済ネタが中心。芸能面は少なめだが、必ずといっていいほど、グラビアアイドルの写真付き記事が載る ネタ元をぼかして書く傾向があり、得意のフレーズは「・・・と関係者は語る」。

  • サンケイスポーツ

    発行部数:約136万部

    産業経済新聞社(産経新聞社)が発行するスポーツ新聞である。通称サンスポ。

    産経新聞東京本社から本州の東日本側に、産経新聞大阪本社から本州の西日本側と四国に向けて発行している。

    現在、関東版、東北版、東海・北陸版、近畿版、中国・四国版が発行されている。

    大阪版では阪神タイガースの報道が創刊当初から積極的で、最近はデイリースポーツ同様「タイガースファン御用達のスポーツ新聞」と称されるようになった。宅配よりも駅売りが多い。

    芸能面ではフジサンケイグループのフジテレビ寄りの報道が多く見られる。

    風俗面にも力を注いでおり、大阪本社版・東北版では、スポーツニッポン(大阪版・九州版)、デイリースポーツと同様、家庭宅配版にも風俗面が掲載されている。東京版は駅売りのみである。 

  • スポーツ報知

    発行部数:約135万部

    正式名称は「報知新聞」である。

    読売新聞グループのスポーツ新聞であることから、読売ジャイアンツ(巨人)の情報が多く、一面左下には毎日必ず「ジャイアンツ日記」というミニコラムを掲載するなどしていることから、全国の野球ファンから「ジャイアンツの機関紙」と認識されている。巨人が勝った翌日は1面から3面が巨人関連ニュースになる他、巨人の選手のコメントもきめ細かく掲載している。

    他のスポーツ新聞のような略称は無いが、一般には「報知」と呼ばれている。

    在京スポーツ紙で唯一アダルト面もアダルト広告も廃止している。

  • デイリースポーツ

    発行部数:約100万部

    株式会社デイリースポーツ編集、神戸新聞社から発行されている。本社は神戸市中央区で関西に地盤を築いている。キャッチコピーは「ブレないスポーツ紙」。

    関東でも阪神記事を大きく扱うことで知られ、一部の例外を除き、阪神以外の記事が1面を飾ることは滅多に無い。そのため関東の阪神ファンにとってはデイリースポーツは情報源となっている場合もある。

    昭和の時代から東京スポーツと共にプロレス報道の2大紙と言われる。特に全日本女子プロレスの後援にその設立初期から名を連ねたこともあり、女子プロレスに関しても女子プロブームの頃から緻密な取材を重ねていた。そのため他のプロレス専門誌やスポーツ誌が試合結果を載せていなかった頃、唯一デイリーだけが全日本女子プロレスの試合結果を載せていた。

    神戸新聞の系列ということもあってか、ヴィッセル神戸の情報が多い。

    芸能面では、阪神ファンの芸能人を大きく取り上げることがある。

スポーツ新聞 最近の話題

スポーツ新聞 話題クラウド

お笑いコンビ ぶり アイドル チーム ファン ブログ プリンス プロ プロ野球 ヤクルト ヤクルト戦 レッドソックス ローラ 三振 上原 上原さくら 中前適時打 中日 中日戦 主演映画 今永 付西日本スポーツ 先発 免許運転 公用車 内山 円形 別荘 前田 前田健 勝利 北川 北川景子 北見寛明被告 北見被告 原沢 可能性 号2ラン 四球 大久保 天皇賞 失点 始球式 安倍首相 安打 容疑者 小林幸子 小泉孝太郎 尾木ママ 岩貞 巨人 巨人戦 平均視聴率 広島 懲役 投手 披露宴 放送 政治 新井 日本 日本ハム戦 日本選手権競輪 明治安田生命J 映画 東京 熊本 熊本地震 特別措置 瑛太 甲子園 番組 監督 石川 福岡 練習 自主申告 舛添 舛添知事 舛添要一知事 舞台 菅野 被災地 被災者 視聴率 試合 連勝 適時打 選手 野球 金本監督 鈴木 関係者 阪神 防御率 DAIGO DeNA DeNA戦 FC東京 G大阪