先頭打者

先頭打者

2019/06/24

2019/06/21

2019/06/18

2019/06/17

2019/06/14

2019/06/13

2019/06/12

2019/06/10

2019/06/09

2019/06/08

  • 阪神・北條、汚名返上の今季初盗塁

    、126キロの変化球を打ち上げるも、白球はふらふらと舞いながら二塁後方にポトリ。先頭打者として出塁すると、続く岩田はバントの構え。投球より前に一塁・清宮がチャージをかけようと、塁を離れたと同時に北條がスタート。モーションを完璧に盗み、今季初盗塁を記録した。前日7日の同戦では、2-2の七回に自らの失策
    2019/06/08サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/06/07

2019/06/01

2019/05/30

2019/05/29

2019/05/26

2019/05/24

2019/05/16

2019/05/14

2019/05/12

2019/05/10

2019/05/09

2019/05/07

2019/05/04

2019/05/01

  • 【オリックス】榊原が7回2失点、今季最多117球の熱投も勝ち星は逃す「要所で粘ることができませんでした」

    117球を投げ、7奪三振だった。「全体的に悪くはなかったと思いますが2回と4回に先頭打者に四球を出してしまいましたし、ピンチで投げきれないなど要所で粘ることができませんでした」と悔しさを口にした。序盤から最速149キロの直球を軸に強気の投球で3イニングを無失点に抑えた。しかし、0―0の4回に先頭打者
    2019/05/01スポーツ報知
    詳しく見る

2019/04/28

2019/04/25

  • ソフトB武田、先頭打者を出さない投球を/藤原満氏の目

    悪かった。投手はまず先頭打者を出さないことが大事。3回から4度も出塁を許すようでは、試合のリズムが悪くなる。特に7回の先頭打者への四球。下位に回る場面で交代を命じられるようでは駄目だ。今月26歳になったばかりだが、決して若くはないことを自覚してほしい。もう他の投手の見本にならないといけない年齢。ベン
    2019/04/25西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/04/23

2019/04/21

2019/04/18

2019/04/14

  • 巨人・宮本コーチ、2戦連続の“投壊”に「流れを止められなかったのはわれわれの責任」

    も曇っていた。「初回を除いて言えば、先頭打者を出したイニングというのは、失点につながっているなと。やっぱり先頭打者を全力で抑えていくということでしょうね。この流れを止められなかったというのはわれわれの責任。選手は打たれようと思って、打たれているわけじゃないですし」先発の畠が3回6失点でKOされると、
    2019/04/14サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/04/13

2019/04/12

2019/04/11

2019/04/06

2019/04/05

2019/04/02

2019/04/01

2019/03/31

2019/03/30

2019/03/29

2019/03/24

2019/03/23

2019/03/21

2019/03/17

2019/03/16

2019/03/15

2019/03/14

2019/03/13

2019/03/09

2019/03/07

2019/03/06

2019/03/04

2019/03/03

2019/03/02

2019/02/28

2019/02/24

2019/02/21

2019/02/17

2018/11/17

2018/11/13

2018/11/01

2018/10/31

  • ソフトB上林、待望初安打 日本シリーズ

    帰し、日本シリーズ初安打を放った。先頭打者の5回に九里の直球を左前へ運んだ一打が呼び水となり、この回に2点を追加した。日本シリーズは昨年まで通算2打数無安打。今年も第1戦は6打数無安打4三振だっただけに「とりあえず1本出てよかった。これで自分の日本シリーズが開幕した」とほっとした様子だった。=201
    2018/10/31西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/10/21

2018/10/20

2018/10/15

2018/10/06

2018/10/01

  • 【ロッテ】涌井、節目の130勝到達「次は150勝。どんどん積み重ねていく」

    挙げた。序盤は粘りの投球だった。初回から4回までは毎回先頭打者を出したが、後続を確実に断った。「最初は全然ダメで、ランナーを出してからよくなっての繰り返しだった。徐々に修正できた」中盤以降は尻上がりにペースアップしていった。フォームのバランスがよくなったことで制球も安定。打者29人に対して3ボールは
    2018/10/01スポーツ報知
    詳しく見る

2018/09/30

2018/09/28

2018/09/27

2018/09/24

2018/09/22

2018/09/21

2018/09/20

2018/09/18

2018/09/15

2018/09/12

2018/09/11

2018/09/07

2018/08/31

2018/08/30

2018/08/25

2018/08/24

2018/08/23

2018/08/21

2018/08/20

2018/08/19

2018/08/18

  • ロッテ・ボルシンガーが緊急降板「右手の薬指と小指に力が入らなかった」

    した。この日は一回に先頭打者から3連打を許すなど2失点。二回は投球練習を始めてすぐに不調を訴えベンチに下がり、そのまま交代となった。「右手の薬指と小指に力が入らなかった。こういう形で降板してチームに迷惑を掛けてしまい申し訳ない」と話した。アイシングなどで対処し様子をみるという。二回からはチェンが登板
    2018/08/18サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/08/17

2018/08/16

2018/08/15

2018/08/13

2018/08/10

2018/08/09

2018/08/04

2018/08/03

2018/08/02

  • 阪神・歳内、支配下再登録後初実戦で1回0封「1軍に上がれるようにアピールを」

    神」(2日、ナゴヤ球場)7月30日に支配下再登録された阪神・歳内宏明投手が、背番号「97」で初実戦を迎えた。八回に登板し、1回を1安打無失点。先頭打者の出塁を許したが、遊ゴロ併殺でピンチの芽をすぐさま摘んだ。「気持ちはそんなに変わらない。ここからアピールして1軍に上がれるようにしたい」と意気込んだ。
    2018/08/02デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/08/01

  • 松坂を打席に立たせてから降板…森監督「打撃が見たいお客さんもいるでしょうし」

    勝目をマークし、チームの4連勝に貢献した。森監督は「(松坂)大輔が走者ためながらもね、1点ずつに終わったってところがゲームを作ってくれたってとこでね、ヨシとして、次に頑張ってもらいましょう」と振り返った。松坂は4―2と2点リードで迎えた5回裏に先頭打者として打順が回ったが、代打は出されず。そのまま打
    2018/08/01スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/07/26

2018/07/25

2018/07/20

2018/07/18

2018/07/13

2018/07/12

2018/07/10

2018/07/09

2018/06/15

2018/06/13

2018/06/09

2018/06/08

2018/06/07

2018/06/04

2018/06/02

2018/05/31

2018/05/27

2018/05/24

2018/05/22

2018/05/20

2018/05/16

2018/05/15

2018/05/14

2018/05/12

2018/05/11

2018/05/10

2018/05/09

2018/05/05

2018/05/04

2018/05/01

2018/04/30

2018/04/29

2018/04/26

2018/04/25

2018/04/20

2018/04/17

2018/04/13

2018/04/07

2018/04/06

  • 巨人打線を手玉に 中日ガルシア“見た目と中身”のギャップ

    シア(28)。6回2安打1失点の好投で開幕4連敗のチームに初白星をもたらした新外国人左腕は試合後、怪しげな風体とは裏腹な穏やかな口調で感謝の言葉を口にした。「全身全霊をかけて投げました。先頭打者をアウトに取ることだけを考えた。何よりファンの皆さまの声援が力になった」■関係者は「ナイスガイ」と評価前日
    2018/04/06日刊ゲンダイ
    詳しく見る

2018/04/05

2018/04/04

2018/04/01

  • ダルビッシュ五回途中で降板5失点 リード守れず勝ち負けつかず

    。3点のリードをもらいながら五回に崩れた。初回、先頭打者を死球で出してしまうと続くディートリッチに右翼席に運ばれ2点を献上したダルビッシュだったが、二回から四回は持ち直して、無失点を続けた。失点直後の二回に打線の援護があり同点に。さらに五回にはリゾの適時打などでカブスが勝ち越し、3点のリードをもらっ
    2018/04/01デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/03/30

2018/03/28

2018/03/27

2018/03/24

2018/03/17

2018/03/11

2018/03/10

2018/03/09

2018/03/08

2018/03/07

2018/03/04

2018/03/03

2018/02/21

2018/02/12

2018/02/09

2018/01/24

2017/11/03

2017/11/02

2017/11/01

2017/10/31

2017/10/23

  • DeNA・筒香、特大のCS1号弾!左翼2階席の下部にぶち当てる

    点ビハインドの四回に先頭打者で打席に立ち、薮田の3球目、142キロ直球を左翼2階席の下部にぶち当てた。「ボールが先行していましたし、甘くきたら強くスイングしようと決めていました。自分のスイングができうまく捉えることができました」と筒香。CSファイナルステージ3試合では、10打数1安打、打率・100。
    2017/10/23サンケイスポーツ
    詳しく見る

2017/10/20

2017/10/18

2017/10/16

2017/10/11

2017/10/03

2017/09/20

2017/09/19

2017/09/18

2017/09/16

2017/09/15

2017/09/14

  • 【阪神】9回からすべて先頭打者が出塁しながら無得点…金本監督一問一答

    の4イニングはすべて先頭打者が出塁しながら無得点。巨人戦の負け越しも決まり、金本監督も複雑な表情だった。(以下は一問一答)―終盤は4イニング連続でサヨナラのチャンスがあったが。「ですね。なかなか。向こうも投手がいいし」―負けたら、広島の優勝が決まるゲームで負けなかった。「引き分けなら大丈夫なの?そこ
    2017/09/14スポーツ報知
    詳しく見る
  • ホークス中田5回1失点も7勝目するり

    失点。2、3、4回と先頭打者の出塁を許したが、7奪三振と要所を締めて打線の援護を呼び込んだ。今季6勝目を挙げた8月24日の西武戦以来となるマウンド。「久しぶりの登板でしたが、初回からすんなり入れました。ランナーは出しましたが、一人一人と言う気持ちで粘り強く投げました。小谷野選手に打たれたボールが、し
    2017/09/14西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/09/12

2017/09/06

2017/09/05

2017/09/03

  • DeNA浜口、大卒新人球団新の9勝目「もっともっと頑張ります」

    ・マイコラスと投げ合い、8回を2安打無失点の快投。「前の(巨人戦)2試合はふがいない投球だったので、きょうは“絶対に勝つ”という強い気持ちを持って投げました」。巨人戦はいずれも東京ドームでの試合で2戦2敗。だが、ハマスタでは別人だ。5回まで2四球のみのノーヒットピッチング。3、6、8回と先頭打者に出
    2017/09/03スポーツニッポン
    詳しく見る

2017/09/01

2017/08/29

2017/08/26

2017/08/25

2017/08/24

2017/08/22

2017/08/20

2017/08/19

2017/08/18

2017/08/17

2017/08/16

2017/08/14

2017/08/12

2017/08/10

2017/08/09

2017/08/08

2017/08/06

2017/08/04

2017/08/03

2017/07/29

2017/07/28

2017/07/27

2017/07/25

2017/07/23

2017/07/22

2017/07/21

2017/07/18

2017/07/17

2017/07/11

2017/07/08

2017/07/01

2017/06/28

2017/06/27

2017/06/24

2017/06/23

2017/06/19

  • 2回1/3 2失点 2軍降格 山田

    した初回は同点とされ、3点を勝ち越した2回も四球絡みで1失点。3回の先頭打者を抑えた時点で交代を告げられた。「リズムを悪くしてしまった。しっかり投げきれないのは自分の精神的な弱さ。一からやり直してきます」。2軍降格が決まり、19日に出場選手登録を抹消される。=2017/06/19付 西日本スポーツ=
    2017/06/19西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/06/17

2017/06/16

2017/06/11

2017/06/10

2017/06/09

2017/06/08

2017/06/06

2017/06/04

2017/06/03

2017/06/01

  • ロッテ、6月は白星スタート! 鈴木「本当は強いはずなんで」

    月の19敗目を喫し、月間の負け数で26年ぶりに球団ワーストに並んだロッテ。この日も先発の唐川が一回に先頭打者・高山にバックスクリーンに運ばれ、いきなり失点。暗雲が垂れ込めた。しかし、この日のロッテは直後に反撃。その裏、二死一、二塁から鈴木が2点二塁打を放ち、チーム14イニングぶりとなる得点で逆転。さ
    2017/06/01サンケイスポーツ
    詳しく見る

2017/05/27

  • DeNA・井納 投打で光った! 天敵・藤浪撃ち&六回までノーヒッ投

    て、結果が出た」と会心の笑みを浮かべた。阪神戦は今季0勝2敗。しかもチームの天敵、藤浪との投げ合い。捕手の嶺井と話し合い、先頭打者をしっかり抑えることを意識した。六回まで無安打の快投。七回先頭の糸井に安打され快挙達成は逃したが「勝ちたい気持ちの方が強かった」と切り替えた。バットでも六回1死一、三塁で
    2017/05/27デイリースポーツ
    詳しく見る
  • 飯田、試合立て直す

    、準備が間に合わず、4回1死から登板。連打を浴びながらも無失点で切り抜けると、5、6回も0点に抑えた。悔やまれるのは「へばりました」という7回だ。先頭打者を歩かせて交代。この四球の走者が失点につながった。「こういう試合を拾うチームが優勝する。こういう展開を抑えることが大事だと思っている」と振り返った
    2017/05/27西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/05/26

2017/05/21

2017/05/19

  • 広島・岡田は5回2失点「悪いなりの投球はできた」

    球を見せた。毎回、走者を許しながらも、5回7安打2失点と試合は作った。「先頭打者を出す場面が多かった。大量失点につながりそうな場面を、何とか粘れたと思います。悪いなりの投球はできたと思う。今日の投球を次にいかしたいと思います」今季5勝目はつかめなかったが、プロ初の中5日登板で、先発の役割は果たした。
    2017/05/19デイリースポーツ
    詳しく見る

2017/05/17

2017/05/16

2017/05/11

2017/05/10

2017/05/09

2017/05/07

2017/05/05

2017/05/03

2017/04/30

2017/04/28

2017/04/27

2017/04/25

2017/04/22

2017/04/21

2017/04/20

2017/04/18

2017/04/17

2017/04/13

2017/04/11

2017/04/09

2017/04/07

2017/04/06

2017/04/01

2017/03/29

  • 5打席全部走者なし…不運の早実清宮に吹いたまさかの逆風

    戦敗退。清宮は二塁打と三塁打を打ったものの、この日は5打席中4打席が回の先頭打者と、走者を置いた場面で一度も打席が回ってこなかった。今大会はアーチどころか打点もなし。2本塁打を打った2015年夏に比べ、寂しく甲子園を去った。ネット裏でこの日の試合をチェックした某スカウトが言う。「持っていないと言えば
    2017/03/29日刊ゲンダイ
    詳しく見る

2017/03/27

2017/03/25

2017/03/24

2017/03/22

2017/03/19

2017/03/16

2017/03/15

2017/03/14

2017/03/12

2017/03/10

2017/03/09

2017/03/08

2017/03/07

2017/03/05

2017/03/04

2017/03/01

  • ロッキーズ戦に登板のマエケン 不安残すオープン戦初被弾

    奪三振だった。前田は先頭打者を四球で歩かせながら次打者を二ゴロ併殺。今季、目指す打たせて取る投球を実践したが、3番パターソンに甘く入った直球を中堅スタンドに運ばれた。二回にも左翼線を破られる長打(二塁打)を許し、オープン戦初マウンドはピリッとしなかった。今季の前田は打者の手元で変化するツーシームなど
    2017/03/01日刊ゲンダイ
    詳しく見る
  • 松本裕3回1失点 立ち上がり課題

    課題を残した。初回に先頭打者を含む2本の二塁打でいきなり先制点を献上。2回以降は立ち直り、3イニングを3安打1失点でしのいだ。「先頭を出してしまったのが駄目だった。あと少しの修正が必要」と反省した。一方で2奪三振をマークするなど収穫もあり「全体的に腕は振れていた。開幕1軍を狙う気持ちでやっていきたい
    2017/03/01西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/02/28

2017/02/25

2017/02/24

2017/02/20

2017/02/18

2017/02/16

2017/02/14

2017/02/08

2016/12/06

  • 【DeNA】桑原、4000万円更改に「まさかここまで評価していただけるとは…」

    ンした。桑原はおもに先頭打者として133試合に出場し、打率2割8分4厘、11本塁打、49打点、19盗塁。「まさかそこまで評価していただけるとはというのが素直な気持ち。評価していただいたので、気が引き締まりました」と目を丸くした。「来年は全試合フルで出ることを目標に、しっかり1年間戦える体作りから始め
    2016/12/06スポーツ報知
    詳しく見る

2016/11/17

2016/11/13

2016/11/12

2016/11/01

2016/10/31

2016/10/27

2016/10/17

2016/10/16

2016/10/14

2016/10/13