武田

武田

2019/06/19

2019/06/16

2019/06/14

2019/06/11

  • 船越英一郎、武田真治の結婚トークに「俺もまだ諦めてないよ!」

    の後輩でもある俳優の武田真治から結婚の良さを聞かれ「俺だってまだ諦めてないよ」と苦笑しながら答えた。番組では武田をゲストに迎え、恒例の「クエスチョン5」を敢行。その中の一つに「そろそろ結婚したい?」という質問があった。これに武田はYESの札を上げ、「そろそろ(したい)…」と言ったものの「ただ、兄さん
    2019/06/11デイリースポーツ
    詳しく見る

2019/05/31

2019/05/20

  • ソフトB武田恵みの雨!?ビックリ今季初S

    射するグラウンドで、武田が輝いた。雨の影響もあって先発のミランダが制球を乱していた中、2点リードの5回、2番手で登板。先頭の中田に左前打を許したが、見せ場はそこからだった。王柏融を138キロ、渡辺を141キロの直球でいずれも見逃し三振に仕留めると、平沼に対して、フルカウントから真ん中付近の136キロ
    2019/05/20西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/05/11

  • ソフトB武田、捕手代えるのも一つの手/柴原洋氏の目

    日・ヤフオクドーム)武田は同じことを繰り返している。攻めていかないといけない投手が攻めなければ勝てるはずがない。外角一辺倒で、右打者の内角に投げた球はほとんどなかった。これでは打者が踏み込むのは当たり前で、前回から修正したような形跡は見られなかった。球そのものが悪かったわけではない。直球は球威も切れ
    2019/05/11西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/05/10

2019/05/09

2019/05/04

2019/05/03

2019/05/02

2019/05/01

2019/04/30

2019/04/28

2019/04/25

  • 初の中5日 ソフトB武田6回0/3 1失点

    めて中5日で登板した武田は、7回途中1失点と粘ったが3勝目はお預けとなった。今後の日程を踏まえ大竹と順番を入れ替わってのマウンド。1点リードの4回、連打と四球で無死満塁のピンチを招いた後に犠飛で同点とされたものの、味方の好守もあり追加点は許さなかった。「3回ぐらいからあまり下半身を使って投げられてい
    2019/04/25西日本スポーツ
    詳しく見る
  • ソフトB武田、先頭打者を出さない投球を/藤原満氏の目

    フオクドーム)先発の武田は1点しか取られていないとはいえ、内容が悪かった。投手はまず先頭打者を出さないことが大事。3回から4度も出塁を許すようでは、試合のリズムが悪くなる。特に7回の先頭打者への四球。下位に回る場面で交代を命じられるようでは駄目だ。今月26歳になったばかりだが、決して若くはないことを
    2019/04/25西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/04/24

  • ソフトB武田、中5日で24日先発 大竹と入れ替わり

    リックス戦に先発する武田が、今季初登板の再現で3勝目を狙う。4日の同戦では、8回途中を投げ5安打無失点。「吉田(正)君も(調子が)戻ってきている。前回はタイミングをずらしながら抑えることができたので、今回も打たせて取るような投球ができれば」。今後の日程を踏まえて大竹と入れ替わり今季初めて中5日登板と
    2019/04/24西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/04/19

2019/04/18

2019/04/16

2019/04/12

  • ソフトB武田2戦2勝 「今年はやり返したい」 天敵・中田は3打席ピシャリ

    者を背負いながらも、武田が乱れることはなかった。分岐点はいきなり訪れる。初回1死から大田、近藤に連続四球を与え、一、二塁。ここで迎えた4番中田には、過去何度も痛い思いをさせられてきた。昨季までの被打率は3割4分。50打席以上対戦のある打者では、最も苦手な相手だった。「調子は良さそうではなかったので、
    2019/04/12西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/04/11

  • 【ソフトバンク】武田が開幕から2連勝「次回はもっと安定した投球をしたい」

    ーム)ソフトバンクの武田翔太投手(26)が開幕から2連勝を飾った。序盤から直球は150キロ台をマークし、得意のカーブ、スライダーの切れも上々。球数が100球を超えた7回に2点を失ったが、6回2/3を7安打2失点にまとめた。「後半の勝負所で、球が甘くなって失点してしまった」と反省も忘れなかったが、チー
    2019/04/11スポーツ報知
    詳しく見る
  • ソフトB・武田、7回途中2失点の好投で2勝目「ばやしに念を送って…」

    フトバンクは、先発の武田が6回2/3、116球を投げて7安打2失点の好投で自身開幕2連勝を飾り、チームを勝利に導いた。本拠地ヤフオクドームで今季初のお立ち台に立てたことについて「沢山の方が応援に来ていただいて嬉しいです」と武田。「自分の中で良い形で結果も出てきていますし、本当に野手の皆さんや沢山のフ
    2019/04/11スポーツニッポン
    詳しく見る
  • ソフトバンク・武田 七回途中2失点で2勝目「感覚は良かった」

    ーム)ソフトバンクの武田翔太投手が七回途中2失点で2勝目を飾った。「初回は少し慎重になりすぎてしまい球数を要してしまいましたが、投げている感覚は良かった」と立ち上がりを切り抜けると、6イニング目までは無失点に抑えた。「後半の勝負所で球が甘くなり失点してしまい、中継ぎの方に迷惑をかけてしまいました」と
    2019/04/11デイリースポーツ
    詳しく見る

2019/04/10

2019/04/09

2019/04/05

2019/04/04

2019/03/28

2019/03/21

2019/03/20

2019/03/19

2019/03/13

2019/03/12

2019/03/06

2019/03/05

2019/03/04

2019/02/28

2019/02/27

2019/02/25

2019/02/16

2019/02/15

2019/02/13

2019/01/27

2019/01/11

2019/01/10

2019/01/04

2019/01/03

2018/12/31

2018/12/29

  • ソフトB武田、先発復帰へ意欲 500万円減8500万円

    武田が「先発復帰」へ強い覚悟を示した。この日、500万円減の8500万円で来季の契約を更改した右腕は「まずはもう一回、先発ローテをつかむこと。そこが目標というか、そこしか見てない」と言い切った。プロ7年目の今季は調子の波が激しく、チーム最多の3完封をマークする一方で、4勝に終わり、自己ワーストの9敗
    2018/12/29西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/12/07

2018/12/03

  • 武田鉄矢 目を潤ませて赤木春恵さんの通夜…「金八先生」の思い出振り返る

    俳優・武田鉄矢(69)が3日、都内で営まれた女優・赤木春恵さんの通夜に参列した。代表作である「3年B組金八先生」で校長役の赤木さんと共演した武田は感謝の言葉をささげた。武田は「これが最後なんだという思いがこみ上げてくる。ビッグママで、あの方から『上手ね』とか言われると力になる。子供をほめるみたいな、
    2018/12/03デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/12/02

  • なぜ?雛形あきこ、22年間共演も顔を覚えられない俳優「嫌いってことではないけど…」

    55)に出演。俳優の武田真治(45)の顔が覚えられないという悩みがあることを明かし、驚かせた。雛形と武田はことし3月に放送を終了したフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」でメンバーとして22年間共演。雛形は自身の悩みとして「武田真治な顔」と告白。「武田くんの顔が嫌いってことではないんですけど、顔を覚え
    2018/12/02スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/11/29

2018/11/26

2018/11/22

2018/11/19

  • ソフトB大竹、武田に弟子入りへ 「直球速くしたい」

    のオフを迎える大竹が武田に「弟子入り」する。健康診断後にヤフオクドームを訪れた左腕は、年明けから福岡県春日市内で行う武田の自主トレに参加することを明かした。「お互いに上から投げ下ろすイメージ。自分を引いて見てくれる人が必要」と意図を説明。2年目となる来季については「相手も球筋に慣れてくるし、今のまま
    2018/11/19西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/11/16

2018/11/10

2018/11/04

2018/11/03

2018/10/27

2018/10/21

2018/10/13

2018/10/02

2018/09/26

2018/09/21

2018/09/20

2018/09/17

2018/09/15

2018/09/13

2018/09/12

2018/09/11

2018/09/02

2018/08/24

  • ソフトB武田 失点→勝てない

    23日・東京ドーム)武田はやはり完封以外では勝てなかった。4回までは無失点に抑えたが、5回に1失点。6回途中に降板すると、その回に石川が同点打を浴び、勝ち負けは付かなかった。「調子はあまり良くなかったけど、悪いなりに粘ることができた。走者を残してマウンドを降りることになって申し訳ない」。今季の3勝は
    2018/08/24西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/08/17

  • ソフトB武田、自己ワースト9敗 4回までは「完封」ペースだったが…

    ち越しのソロ。味方の援護を受けた武田が6回に再びつかまった。「あの死球と四球が痛かった」。7年目で自己最多の9敗目を喫し、無念さをかみしめた。工藤監督も「デッドボールがもったいなかった」と振り返った6回は1死から茂木に死球を与え、島内の中前打の後に枡田を歩かせて満塁。ここで銀次に初球のスライダーを左
    2018/08/17西日本スポーツ
    詳しく見る
  • ソフトB武田四死球で自滅、痛すぎた6回の2失点/藤原満氏の目

    2失点が本当に痛い。武田は四死球で自滅したようなものだ。明らかにそれまでとは違い、ボールが浮き、投げた後も棒立ちだった。今宮のソロで勝ち越した直後だけに、6回の大切さを十分に理解し、力が入ったのだろう。それでも自身で修正しながら抑えるのがエース級の投手だ。本人が修正すべきだが、できないなら捕手やベン
    2018/08/17西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/08/16

2018/08/15

2018/08/05

2018/07/31

2018/07/30

2018/07/29

2018/07/24

2018/07/18

2018/07/15

2018/07/10

2018/07/07

2018/06/30

  • ソフトB武田、7年目で中継ぎデビュー「空気感が味わえた」

    クD)ソフトバンク・武田が7年目、通算112試合目にして中継ぎデビューした。5回から3番手で登板し、3回を井上のソロによる1失点で切り抜けた。「1イニング、1イニングやっていこうと。ピンチもかなりあったけど、中継ぎの空気感が味わえた」。習得を目指すフォークも試し「中継ぎは落ちる球がないときつい。新し
    2018/06/30スポーツニッポン
    詳しく見る
  • ソフトB武田が救援初体験 5回から登板3イニング4K1失点

    ラ勝ちへとつながり、武田はどこか誇らしげだった。2点ビハインドの5回。背番号18が3番手でマウンドに登った。高卒1年目から先発として1軍で活躍。通算112試合目の登板で、初めて中継ぎとして腕を振った。「難しかったですね…。一イニング一イニング、とにかく全力で、と思って投げた」そう振り返った初体験の登
    2018/06/30西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/06/29

2018/06/23

2018/06/20

2018/06/13

2018/06/12

2018/06/08

2018/06/07

2018/06/06

2018/06/04

2018/05/28

  • ソフトB武田4敗目 6回1/3 5失点 途中降板反省

    日・ヤフオクドーム)武田が6回1/3を5失点で4敗目を喫した。同点の7回1死から田中、茂木に連打を許した場面で降板。リリーフしたモイネロが決勝打を打たれ、武田に黒星が付き「あの回は投げきらないといけなかった」と唇をかんだ。悔やんだのは「あれが全てだった」という6回2死一塁、それまでの2打席で三振を奪
    2018/05/28西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/05/27

2018/05/20

2018/05/18

2018/05/14

2018/05/13

2018/05/07

2018/05/05

2018/04/30

2018/04/29

  • ソフトB武田、初星へ29日4度目先発

    今季3戦未勝利の武田が初勝利を懸けて29日のオリックス戦に先発する。ここ2試合はいずれも「6回3失点以下」と先発の役割を果たしながら、白星に恵まれていない。「勝ちが付く付かないはありますが、とにかく試合をつくる投球を」と自分に言い聞かせた。=2018/04/29付 西日本スポーツ=
    2018/04/29西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/04/28

2018/04/21

2018/04/20

2018/04/15

2018/04/14

2018/04/12

2018/04/11

2018/04/08

2018/04/07

2018/04/01

2018/03/25

2018/03/24

2018/03/23

2018/03/22

2018/03/19

2018/03/18

2018/03/12

2018/03/11

2018/03/05

2018/03/03

2018/02/28

  • ソフトB武田3回6安打1失点 「良くないこと分かった」

    1失点と精彩を欠いた武田だが、納得した表情だった。3回から2番手で登板も、自慢のカーブが安定せず、毎回走者を背負う投球内容。次回先発予定の3月4日の阪神戦(ヤフオクドーム)に課題を残した。それでも「バランスを考えながら投げたけど、タイミングが合わずにあまり良くなかった。でも、良くないということが分か
    2018/02/28西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/02/25

2018/02/17

2018/02/09

2018/02/07

2018/01/25

2018/01/24

2018/01/13

2018/01/12

2018/01/11

2018/01/04

2017/12/31

2017/12/29

2017/12/23

2017/12/22

2017/12/14

2017/12/11

2017/12/08

2017/11/27

2017/11/26

2017/11/04

  • ソフトB武田“シリーズ男”次こそ本領だ

    武田も中継ぎでスタンバイする。先発した第3戦は5回途中1失点。計5四死球と制球に苦しむなどリズムに乗れなかった。2014年は阪神、15年はヤクルト相手に白星を挙げている“シリーズ男”は「言われたところでしっかり投げるだけ」と口にしてキャッチボールなどで調整した。=2017/11/04付 西日本スポー
    2017/11/04西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/11/02

2017/11/01

2017/10/31

2017/10/28

2017/10/23

2017/10/22

2017/10/10

2017/10/09

  • ホークス武田、教訓の2失点 CS向け気持ち引き締める

    藤監督と並んで歩いた武田はこう諭された。「もうちょっと、神経を使え」。指摘されたのは5回2死一塁で藤田に浴びた2ラン。内角高めを狙った真っすぐが甘くなり、右翼席に運ばれた。「調子は良かった。球の質も良くなっているし、腕もしっかり振れた」。そう自己評価した右腕も、謙虚に指摘を受け止めた。「大事なところ
    2017/10/09西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/10/08

2017/09/29

2017/09/28

  • ホークス武田は7回途中4失点で降板 「ボール先行で苦しい投球でしたが、何とか粘れたかな」

    ーム)ソフトバンクの武田が7回途中で降板した。6回0/3を4失点。初回、山川に先制の2ランを浴びた後、2回からの5イニングは粘りの投球で無失点を続けたが、7回に四球からピンチを招いてマウンドを降りた。「立ち上がり、コントロールが定まらずに失点してしまった。ボール先行で苦しい投球でしたが、何とか粘れた
    2017/09/28西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/09/22

2017/09/21

2017/09/20

2017/09/08

2017/09/07

2017/09/06

  • ホークス6連勝でM10 武田が今季初完封、デスパイネがリーグ最速30号

    」に減らした。先発の武田が被安打8、奪三振8、無四球で今季初完封。今季自己最長だった6回を大きく上回るイニングを投げ、復調をアピールする5勝目を挙げた。132球を投げきった後のヒーローインタビューでは「素直にうれしい。ここ最近ずっと良くない投球が続き、5回をもたないことが何試合もあり、野手や中継ぎの
    2017/09/06西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/09/05

2017/08/28

2017/08/24

2017/08/23

2017/08/21

2017/08/20

2017/08/18

2017/08/14

  • ホークス武田、夏の宿題クリア 脚はつらずに試合つくって4勝

    点回答ではなくても、武田は脚をつることなく試合をつくった。6回2死一、二塁でモイネロの救援を仰ぐまで、中田の一発による2失点にとどめた。「もっと長いイニングを投げられるようにしないと」。今季4勝目に反省を重ねた上で「調子は良かった。直球も良くなっているし、走者を出しても粘り強く投げられた」とうなずい
    2017/08/14西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/08/12

2017/08/11

2017/08/08

2017/08/07

2017/08/06

2017/07/31

2017/07/30

2017/07/23

  • ホークス武田、108日ぶり笑った 「久々に体使えた」、6回1安打0封

    利だった。「素直にうれしい」。季節は巡り、実に108日ぶりに白星を手にした武田が打のヒーロー今宮の横で小さく笑った。6回を被安打1の無失点。途中で右脚がつる“異変”に見舞われた6回は「イニングの途中で代わると、後ろに迷惑がかかる」と意地で投げ抜いた。結局、7回以降を登板過多のリリーフ陣に託す結果にな
    2017/07/23西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/07/22

  • ホークス武田が好投 6回1安打無失点「いいときみたいな感じ」

    ーム)ソフトバンクの武田が後半戦初先発で6回無失点と好投した。序盤から持ち味のカーブが決まり、3回2死まで無安打。今宮のソロで先制した直後の5回は自らのエラーもあり1死一、三塁のピンチを招いたが、9番田村を遊ゴロ併殺に仕留めて切り抜けた。1点リードを守り、4月以来の今季2勝目の権利を得て交代した武田
    2017/07/22西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/07/17

2017/07/11

2017/07/08

2017/07/06

2017/07/05

2017/07/04

2017/06/30

2017/06/28

2017/06/22

2017/06/18

2017/06/17

2017/06/13

  • 武田真治「おネエの扉を…」発言の真意 「実はそっちという可能性も…」

    とでも知られる俳優・武田真治(44)が12日深夜に日本テレビ系で放送された「ネプチューンの!なんでそんなこと言ったの?TV」に出演。15年のインタビューで「ここ数年で結婚できなければ、おネエの扉を開いてみようか」と発言した真意について語った。この発言について、武田は「もしかしたら自分のこと、何も分か
    2017/06/13デイリースポーツ
    詳しく見る

2017/06/12

2017/06/11

2017/06/04

2017/06/03

2017/06/02

2017/05/31

2017/05/30

2017/05/28

  • 武田 6日ぶり投練「順調です」

    肩炎症でリハビリ中の武田が、21日以来の投球練習を行った。捕手が座った状態では2度目のブルペン入りで予定通りの50球。打者を想定するため、離脱後では初めて打席に立ってもらったという。「順調です。バランスを意識して投げました。なるべく早めに戻りたいと思っています」とうなずいた。=2017/05/28付
    2017/05/28西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/05/21

2017/05/20

2017/05/15

2017/05/11

2017/05/07

2017/04/20

2017/04/19

  • 武田氏「完全復活した香川がなぜ代表にフィットしないのか」

    武田修宏の直言!!】ドイツ1部リーグのドルトムントに所属する日本代表10番、MF香川真司(28)は一時期のスランプを抜け出したね。最近はスタメンに定着した感じだし、ゴールも決めている。地元メディアからも高い評価を受けて、まさに絶好調でしょう。試合を見たけど、香川は1トップの後ろ、2シャドーのポジシ
    2017/04/19東京スポーツ
    詳しく見る

2017/04/18

2017/04/16

2017/04/14

2017/04/13

2017/04/12

2017/04/09

2017/04/08

2017/04/05

2017/04/04

2017/03/30

2017/03/28

2017/03/27

2017/03/26

2017/03/24

2017/03/21

2017/03/20

2017/03/19

2017/03/14

2017/03/11

  • 侍・武田は不完全燃焼 中国に悔しい失点「カーブの精度良くなかった」

    まで余裕はあったが、武田は4回のマウンドを藤浪に譲った。「3回までと言われてたんで。そこに関しては何も言えない」。初回2死三塁を切り抜けた後、通達されたという。前日に小久保監督が口にした「65球マックス、4回いってほしい」とのプランとは異なっていた。3回、四球後に直球を連打され、中国に今大会初得点を
    2017/03/11西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/03/10

2017/03/09

2017/03/08

2017/03/05

2017/03/04

2017/03/03

2017/03/01

2017/02/26

2017/02/25

2017/02/24

2017/02/23

2017/02/22

2017/02/19

2017/02/18

2017/02/14

2017/02/08

2017/02/06

2017/02/05

2017/02/03

2017/01/25

  • 武田久美子、再婚は考えず「永遠のフィアンセで」

    に離婚したタレントの武田久美子(48)が、新たな恋愛や再婚についての思いを明かした。25日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」は、離婚後はシングルマザーとして子育てと仕事を両立させている武田の生活に密着した。武田は1999年に結婚した米国人の夫と約2年間におよんだ離婚調停の末に離婚。新たな恋について
    2017/01/25日刊スポーツ
    詳しく見る

2017/01/23

2017/01/16

2017/01/10

2017/01/06

2017/01/03

2016/12/31

2016/12/29

2016/12/21

2016/12/14

2016/12/05

  • ホークス武田開幕名乗り!!

    連続2桁勝利を挙げた武田翔太投手(23)が4日、来年の開幕投手に名乗りを上げた。「3・31」には既に今季リーグ最多15勝の和田が立候補。1勝差で続いた右腕が対抗する構図となった。今年は狙った大役を逃したが、再挑戦で実現すれば球団ではソフトバンクとなった2005年以降で最年少となる。来年3月のワールド
    2016/12/05西日本スポーツ
    詳しく見る

2016/11/29

2016/11/27

2016/11/22

2016/11/19

2016/11/17

  • 武田久美子、最愛の父を亡くした心境明かす「ずっと愛してもらいました」

    タレントの武田久美子(48)が17日、自身のブログで実父が死去したことを明かした。この日、「父とのお別れ」の題名で、夏に74歳の誕生日を祝ったばかりの最愛の父が内臓血管の損傷による出血の為亡くなったことを報告した武田。移住先の米国から帰国すると、1日半ベッドの傍らでずっと手を握り続けた様子を明かし、
    2016/11/17スポーツ報知
    詳しく見る

2016/11/15

2016/11/07

2016/11/03

2016/10/29

2016/10/27

2016/10/21

2016/10/18

2016/10/17

2016/10/13

2016/10/12

2016/10/11

2016/10/08

2016/10/06

2016/09/28

2016/09/22

  • 天王山第2戦は右腕対決 有原「精いっぱいやる」武田「いつも通り」

    有原。ソフトバンクは武田の両右腕が先発する。14日のオリックス戦(札幌ドーム)で6回途中8失点KOされるなど、10勝到達後は6連敗中の有原だが「大事な試合なので、できることを精いっぱいやるだけ。前回の登板がどうとか関係ない」とキッパリ。武田は日本ハム戦は今季0勝1敗だが、登板した2試合はいずれも4月
    2016/09/22スポーツニッポン
    詳しく見る

2016/09/21

2016/09/15

2016/09/14

2016/09/13

2016/09/09

2016/09/07

2016/09/06

2016/09/04

2016/08/31

  • 武田12勝 お得意さまに雪辱!!

    て言えるはずがない。武田は覚悟を決めて、7回のマウンドに上がった。「絶対にゼロで抑えないといけない。気持ちでいきました」。2死無走者。秋山を高め直球で空振り三振に仕留めた。今季最多133球。4試合ぶりにつかんだ12勝目だった。■7回6安打3失点「あまり調子は良くなかった。引っかけていたので、試合中に
    2016/08/31西日本スポーツ
    詳しく見る

2016/08/30

2016/08/29

2016/08/24

2016/08/23

2016/08/14

2016/08/10

  • 武田 VS西 3連敗

    4失点5敗目を喫した武田は初回先頭打者への四球を猛省した。「ちょっとひどかった。ズレてた感じはあった」とフォームに苦慮。安達を簡単に歩かせた結果が、味方の2失策が絡んでの初回2失点だった。「そこ(初回の四球)でしょうね。そういうところ」。粘ったが6回にも長短打に四球が絡み2失点。今季5度目だった西と
    2016/08/10西日本スポーツ
    詳しく見る

2016/08/09

2016/08/04

2016/08/03

  • 武田 和田に並んだ11勝目 西武戦11連勝

    で試合終了を見届けた武田が、小さく表情を崩した。2試合連続完投こそ逃したが、8回2失点で和田に並ぶハーラートップタイの11勝目。新人の2012年から続く西武戦の無傷の連勝を11に伸ばした。「今日は良さげでした。球数も結構少なかった。点を取ってもらって余裕を持って投げることができた」お得意さまとはいえ
    2016/08/03西日本スポーツ
    詳しく見る

2016/08/02

2016/07/31

2016/07/28

2016/07/27

2016/07/26

2016/07/23

2016/07/20

2016/07/18

2016/07/16

2016/07/13