京セラD

京セラD

2019/06/21

  • 【オリックス】ドラ3・荒西が広島戦でプロ初勝利目指す「連打を打たれないようにしたい」

    ダ)でプロ初勝利を目指す右腕はブルペン投球などで調整。プロ初先発だった13日の中日戦(京セラD)で6回無失点と好投し、「体の張りをとることからやって、微妙にフォームを修正しました」と好調を維持した。赤ヘル打線は「つないでみんなで点を取りにくるイメージ。連打を打たれないようにしたい」と気合いを入れた。
    2019/06/21スポーツ報知
    詳しく見る

2019/06/17

2019/06/16

2019/06/15

2019/06/14

  • 阪神 8回に悪夢 一挙4失点で逆転される 西の4勝目も消滅

    ◇交流戦阪神―オリックス(2019年6月14日京セラD)阪神が8回に一挙4点を失い逆転された。初回の2失点以降、好投を続けてきた先発の西だったが、無死から小田、後藤、福田に3連打を浴びて1点差とされると、なおも1死二、三塁のピンチを背負ったところで降板した。2番手としてマウンドに上がった藤川はロメロ
    2019/06/14スポーツニッポン
    詳しく見る

2019/06/13

2019/06/12

2019/06/11

2019/06/10

2019/06/06

2019/06/05

2019/06/04

2019/06/01

2019/05/27

2019/05/21

2019/05/20

2019/05/19

2019/05/18

  • 【オリックス】試合中に帰宅指令を受けた近藤が獅子に1回ゼロ封でリベンジ「同じ相手を抑えないとモヤモヤはとれないと思っていた」

    投でK―鈴木のプロ初勝利をアシストした。「どうしてもK(―鈴木)に勝ち星をつけたかった。前回は結果を気にしすぎて、守りにいっていたので、自分の投球で攻めていこう、と。1軍で同じ相手を抑えないとモヤモヤはとれないと思っていた。リベンジできてよかった」4月28日の西武戦(京セラD)で2点を守る8回にリリ
    2019/05/18スポーツ報知
    詳しく見る

2019/05/16

2019/05/14

  • 【オリックス】近藤が1軍再合流 4四球での2軍降格から半月ぶり「悔しい気持ちをバネに」

    4月28日の西武戦(京セラD)で1/3回を4四球4失点と乱れ、29日に2軍降格していた。「悔しい思いがあった。その気持ちをバネに切り替えたい」と雪辱を誓った。28日は乱調だったものの、ここまで14試合に登板し、1勝2敗、防御率3・38と安定していた。「(1軍に)呼んで頂いたので力になれるように頑張り
    2019/05/14スポーツ報知
    詳しく見る

2019/05/09

2019/05/07

2019/05/02

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/25

  • 【オリックス】K―鈴木が28日の西武戦で今季初先発、2軍で防御率0・77

    )が28日の西武戦(京セラD)に先発する。昨季は4試合に登板し、防御率8・59だった2年目右腕。今季はウエスタン・リーグで5試合に先発し1勝1敗、リーグトップの防御率0・77と完璧な内容で、20日のソフトバンク戦(小郡)では完封勝利した。西村監督は「下(ファーム)で完封もした。上(1軍)でも変わらず
    2019/04/25スポーツ報知
    詳しく見る

2019/04/21

2019/04/16

2019/04/09

2019/04/04

2019/04/02

2019/03/29

2019/03/28

2019/03/10

2019/03/09

2019/03/08

2019/03/07

2019/03/05

2019/02/20

2019/02/18

2019/02/08

2019/02/07

2019/01/31

2019/01/24

2018/12/15

2018/11/19

2018/11/12

2018/11/06

2018/10/06

2018/10/05

2018/09/27

2018/09/26

2018/09/25

2018/09/24

2018/09/18

2018/09/04

2018/09/02

2018/09/01

2018/08/31

  • 雄星、女房役・住谷の適時打に応えた「この1点を絶対に守り抜く」

    2018年8月31日京セラD)西武・菊池は7回5安打無失点7奪三振の好投で、8月10日以来となる今シーズン10勝目をマークした。2回2死一塁で武田にボールを2球続けたところで左の腹筋がつり、ベンチに下がった。マウンドに戻るも2死満塁のピンチを迎える。「初回、そして2回とピンチがあったが、そこをうまく
    2018/08/31スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/08/30

2018/08/17

2018/08/15

2018/08/14

2018/08/12

2018/08/10

2018/08/09

2018/08/07

2018/08/05

2018/08/04

2018/08/02

2018/08/01

2018/07/31

2018/07/28

2018/07/26

2018/07/25

2018/07/17

2018/07/16

2018/07/14

2018/07/13

2018/07/07

2018/07/05

  • 2カ月ぶりチャンス生かした唐川 危機感消えず「ここに初めて勝つようでは情けない」

    (2018年7月5日京セラD)ロッテの唐川侑己投手(29)が、5日のオリックス戦(京セラドーム)で先発し、6回5安打2失点。自身の誕生日に今季初白星を挙げた。「チームの足を引っ張ってきましたし、やってきたことをすべて出そうと思いました。ここ(この時期)に初めて勝つようでは情けない。誕生日どころではあ
    2018/07/05スポーツニッポン
    詳しく見る
  • ロッテ唐川、バースデー初勝利も「誕生日どころではないんで」 援護に感謝

    (2018年7月5日京セラD)自身のバースデー登板で6回を5安打2失点でまとめ、今季初勝利を挙げた唐川。「今年、4試合目にして初めて勝ったので素直にうれしい」と笑顔を見せた。ここまで3試合に登板して3連敗。不甲斐ない投球が続いていたが、「チームの足しか引っ張っていなかったんで、なんとか今までやってき
    2018/07/05スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/07/04

2018/07/03

2018/07/02

2018/06/30

2018/06/24

2018/06/19

2018/06/13

2018/06/12

2018/06/02

2018/05/29

2018/05/12

2018/05/11

2018/05/10

2018/05/09

2018/05/07

2018/05/06

2018/04/28

2018/04/12

2018/04/11

2018/04/08

2018/04/07

2018/04/06

2018/04/05

2018/04/04

2018/03/28

2018/03/25

2018/03/22

2018/03/18

2018/03/04

2018/03/02

2018/02/20

2018/02/10

2018/01/29

2017/12/25

2017/11/30

2017/11/05

2017/11/03

2017/10/13

2017/10/07

2017/10/01

2017/09/30

2017/09/02

2017/08/29

2017/08/17

2017/08/16

2017/08/15

2017/08/12

2017/08/11

2017/08/10

2017/08/06

2017/08/05

2017/08/03

2017/08/02

2017/08/01

2017/07/30

2017/07/29

2017/07/27

2017/07/25

2017/07/12

2017/07/11

2017/07/10

2017/07/07

  • ロッテ 涌井 2000投球回数達成 現役では3人目「ケガなくやってこられたということ」

    (2017年7月7日京セラD)ロッテの涌井秀章投手が、史上89人目の通算2000投球回を達成した。5回1死二塁から小谷野に左前打を浴び先制を許したが、その後は追加点を与えなかった。4勝目こそならなかったが、7回120球を投げ8安打1失点の力投。チームの勝利に「連敗を止められてよかった。5回に1失点で
    2017/07/07スポーツニッポン
    詳しく見る

2017/07/03

2017/06/10

2017/06/09

2017/06/07

2017/06/01

2017/05/27

2017/05/24

  • ロッテ 伊東監督「現状ではこれがいっぱいいっぱい もう少しです 頑張りましょう」

    2017年5月24日京セラD)ロッテは0―2の4回に4連打で3点を奪うなど一時逆転に成功したが、終盤に粘れず2連敗。ソフトバンク戦は早くも今季10敗目となった。「今日はちょっといけるかと思ったけど…。粘りの野球をやってくれればチャンスはありますが、現状ではこれがいっぱいいっぱい」と伊東監督。4―2か
    2017/05/24スポーツニッポン
    詳しく見る

2017/05/23

2017/05/17

2017/05/16

2017/05/14

2017/05/08

2017/05/05

2017/04/29

2017/04/28

2017/04/25

2017/04/22

2017/04/21

  • 【オリックス】西、22日ロッテ戦の“敵”は「乾燥」

    た全体練習に参加した。今季ここまで2試合の登板は、いずれも京セラDで、屋外球場は今季初。特に強風が“名物”で、日によっては10メートルを優に超える日もあるだけに、「コンタクト(レンズ)が乾くし…。花粉とか、今は黄砂かな…。目がパシャパシャになる」と話した。前回先発が予定されていた16日のソフトバンク
    2017/04/21スポーツ報知
    詳しく見る

2017/04/14

2017/04/12

2017/04/10

2017/04/09

2017/04/08

2017/04/06

2017/04/05

2017/04/04

2017/04/01

2017/03/31

2017/03/27

2017/03/26

2017/03/25

2017/03/24

2017/03/21

2017/03/16

2017/03/15

2017/03/14

2017/03/11

2017/03/09

2017/03/07

2017/03/06

2017/03/05

2017/03/04

2017/03/03

2017/02/20

  • 阪神、8・15&16の広島戦で「ボブルヘッドデー」開催

    日、16日の広島戦(京セラD)での「ボブルヘッドデー」開催を発表した。入場者先着1万5000人にボブルヘッドがプレゼントされる企画で、人形に選ばれる選手はこの日より、インターネットでのファン投票にて選定される。投票は(https://secure.hanshintigers.jp/event/enq
    2017/02/20サンケイスポーツ
    詳しく見る

2017/02/11

2016/11/08

2016/11/07

2016/11/05

2016/11/03

2016/11/02

2016/10/29

2016/10/25

2016/10/02

2016/09/29

2016/09/27

2016/09/26

2016/09/22

2016/09/21

2016/09/20

2016/09/17

2016/09/15

  • 阪神・サターホワイト、悪夢初黒星に「四球が悪かった」

    ーホワイトは粘りきれず2失点。来日初の敗戦投手となった。「こういうチームの前で隙を見せてはいけない。四球が悪かった。ああいう(1点差)場面で投げさせてもらえてすごく光栄だったのに、すごく悔しい」と後悔しきり。失点は8月16日広島戦(京セラD)以来。防御率も1点台から2・65まで跳ね上がってしまった。
    2016/09/15サンケイスポーツ
    詳しく見る

2016/09/12

2016/09/11

2016/09/09

2016/09/08

2016/09/07

2016/08/23

2016/08/21

2016/08/19

2016/08/18

2016/08/17

2016/08/16

2016/08/15

2016/08/14

  • 【阪神】岩崎…7回1失点で3勝目「全部、勝つつもりで投げている」

    8―1中日(14日・京セラD)阪神・岩崎優投手(25)が7回1失点で3勝目を挙げた。初回に2安打と四球でいきなり1死満塁とし、5番・高橋に対してカウントが3ボールとなったが、ここから踏ん張って空振り三振。続く阿部も中飛に打ち取った。大ピンチを無失点で切り抜けてリズムをつかむと、7回に近藤に浴びたソロ
    2016/08/14スポーツ報知
    詳しく見る
  • 【阪神】江越…7号2ラン「もっと、もっと頑張りたい」

    8―1中日(14日・京セラD)阪神の江越大賀外野手(23)が、初回1死二塁、左翼席へ低い弾道で飛び込む7号2ランを放った。文句なしの一撃に見えたが、お立ち台に立った江越は、感触を聞かれ「まあまあでした。ちょっとバットの先だったのでどうかと思いました」と意外な反応を見せた。それでも8月に入り、3本塁打
    2016/08/14スポーツ報知
    詳しく見る

2016/08/13

  • 阪神・ゴメス、“頭脳プレー”で2試合連続打点!

    10勝9敗、12日、京セラD)この1点が効いた。ゴメスが3-0の八回一死一、三塁から小熊の内角143キロを左前に弾き返し、2試合連続となる打点をあげた。直後の九回に2点差に追い上げられただけに、この一打がなければどうなっていたか…。それまで2三振を喫していた助っ人は「三振していたから、大きいのは狙わ
    2016/08/13サンケイスポーツ
    詳しく見る

2016/08/12

2016/08/11

2016/08/07

2016/08/06

2016/08/05

2016/08/04

2016/07/31

2016/07/30

2016/07/29

2016/07/28

2016/07/27

2016/07/26

2016/07/25

2016/07/21