三振

三振

2019/06/25

2019/06/24

2019/06/23

  • 19歳の勝股美咲が米強力打線に圧巻の無失点投球「コントロールしたい所に投げられた」

    =ビックカメラ高崎=が好投を見せた。4回を被安打1、3奪三振、米強力打線を無失点に封じ込めた。「無失点で6回(最終回)まで投げられてよかった」とうなずいた。課題だったチェンジアップが決まり、緩急をうまく使った。3回1死、1番マクレニーに対し、外角のチェンジアップで三振。4回1死から5番ムルトリーに対
    2019/06/23スポーツ報知
    詳しく見る

2019/06/22

2019/06/21

2019/06/20

  • 巨人・桜井、6回2失点で自己最多の10Kの力投!

    失点で自己最多の10三振を奪う力投を見せた。「中継ぎの感覚で投げたい。『先発だからこうしよう』というのはない。バッター一人一人に投げていきたい」試合前こう意気込んでいた桜井。一回1死から四球を与えるも、吉田正を中飛、ロメロを見逃し三振に抑える。五回2死一、二塁から大城に右翼線2点三塁打を浴びて先制を
    2019/06/20サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • ソフトバンク高橋純2回無失点 MAX151キロ

    持ちのこもった投球をみせた。1点ビハインドの5回から2番手で登板。最速151キロの真っすぐで押し、6回には村上をフォークで三振に封じるなど、2イニングを2奪三振で無安打無失点(1四球)に封じた。安定した投球を続けており「自分は任されたところでしっかり投げるだけ。継続してやっていきたい」と力を込めた。
    2019/06/20西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/06/19

  • ヤクルト・小川、5月3日以来の白星「どうやって勝てるか考え抜いた」

    7回4安打2失点7奪三振の好投で、5月3日の中日戦(ナゴヤ)以来7試合ぶりに2勝目(8敗)を挙げた。燕のエースが気迫の投球で白星を手繰り寄せた。小川は3点の援護を受けた二回1死一、二塁から甲斐に左前適時打など2点を奪われで1点差に詰め寄られた。五回1死二、三塁の場面では、福田、今宮を連続三振に斬りピ
    2019/06/19サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/06/17

2019/06/16

2019/06/15

2019/06/14

2019/06/13

2019/06/12

2019/06/11

2019/06/10

2019/06/09

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/06

2019/06/05

2019/06/02

2019/06/01

2019/05/31

2019/05/28

2019/05/25

2019/05/24

2019/05/22

2019/05/21

2019/05/20

  • ソフトB武田恵みの雨!?ビックリ今季初S

    ミランダが制球を乱していた中、2点リードの5回、2番手で登板。先頭の中田に左前打を許したが、見せ場はそこからだった。王柏融を138キロ、渡辺を141キロの直球でいずれも見逃し三振に仕留めると、平沼に対して、フルカウントから真ん中付近の136キロ直球で空振りさせた。3者連続奪三振。圧巻の投球が勝利をた
    2019/05/20西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/05/19

2019/05/18

2019/05/17

2019/05/16

2019/05/12

2019/05/11

2019/05/10

2019/05/09

2019/05/08

2019/05/07

2019/05/05

  • ソフトB千賀がエース!! 工藤監督認めた 7回3安打0封で3連勝

    ”だ。連続試合2桁奪三振の球団記録は逃したものの7回零封で9奪三振。本調子ではない中での快投を、工藤監督はこれまであえて使ってこなかった「エース」の言葉でたたえた。首位を走るチームは今季2度目の3連勝。楽天、日本ハム、西武が2位で並ぶ混戦模様の中、リーグで独占している貯金は今季最多の7に増えた。■初
    2019/05/05西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/05/04

2019/05/03

2019/05/02

2019/05/01

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/28

2019/04/27

2019/04/24

2019/04/22

  • ソフトB高橋礼無傷4勝、両L単独トップ あるぞ月間MVP

    球続けて簡単に追い込むと、最後もテンポよく、低めへこの日最速の141キロを投げ込み、空振りさせた。3球三振。前日の20日に6点を奪い、勢いを盛り返しかけた西武打線の出ばなをくじき「あそこは絶対点を取られてはいけないところ。狙って三振を取ることができた」とうなずいた。与四球6と制球に苦しみながらも、5
    2019/04/22西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/04/21

2019/04/20

2019/04/19

2019/04/18

2019/04/17

2019/04/16

2019/04/13

2019/04/12

2019/04/11

2019/04/10

2019/04/09

2019/04/08

2019/04/07

2019/04/06

2019/04/05

2019/04/04

2019/04/02

  • 【ロッテ】藤原、満塁で3球三振…「単純に力がない」

    (18)=大阪桐蔭高=が「1番・中堅」でスタメン出場し4打数無安打。打率は7分1厘に下降した。0―0の2回2死満塁の好機で回ってきたが、ニールの変化球攻めの前に3球三振。試合後は「単純に力がないだけ。しっかりフォームを修正してやるだけ。しっかり切り替えて、勉強してやっていきたい」と言葉を絞り出した。
    2019/04/02スポーツ報知
    詳しく見る

2019/03/31

2019/03/30

2019/03/29

2019/03/27

2019/03/26

2019/03/25

2019/03/24

2019/03/23

2019/03/22

2019/03/21

2019/03/20

2019/03/18

2019/03/17

2019/03/16

2019/03/15

2019/03/14

2019/03/13

2019/03/12

2019/03/11

2019/03/10

2019/03/09

2019/03/07

2019/03/06

2019/03/05

2019/03/04

2019/03/03

2019/03/01

2019/02/27

2019/02/26

2019/02/25

2019/02/23

2019/02/21

2019/02/20

2019/02/18

2019/02/15

2019/02/14

2019/02/13

2019/02/12

2019/02/08

2019/02/06

2019/02/05

2019/02/04

2019/01/09

2018/12/06

2018/12/05

2018/11/22

2018/11/14

2018/11/11

2018/11/10

2018/11/09

2018/11/07

2018/11/03

2018/10/31

2018/10/30

2018/10/28

2018/10/27

2018/10/22

2018/10/20

2018/10/19

2018/10/18

2018/10/15

2018/10/14

2018/10/13

2018/10/07

2018/10/04

2018/10/03

2018/09/27

2018/09/25

2018/09/24

2018/09/22

2018/09/21

2018/09/20

2018/09/19

2018/09/17

2018/09/15

2018/09/11

2018/09/09

  • ソフトBミランダほえた!猛攻呼んだ!! 4回無死一、三塁→併殺→三振→直後に打線点火

    ォークを投げ、空振り三振を確信すると、両腕を引きつけ、叫んだ。スタンドも大歓声。だが、審判はバットとボールが触れたとしてファウルのコール。仕切り直しの1球は、外角低めの147キロ。完全に振り遅れさせると、今度は天に向かって雄たけびを上げた。「アドレナリンが出た場面では、自然と(雄たけびが)出てしまう
    2018/09/09西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/09/08

2018/09/06

2018/09/05

2018/09/04

2018/09/02

2018/08/31

2018/08/30

2018/08/29

2018/08/28

2018/08/26

2018/08/24

2018/08/23

2018/08/21

2018/08/20

2018/08/19

2018/08/18

2018/08/17

2018/08/16

2018/08/15

2018/08/13

2018/08/10

2018/08/09

2018/08/08

2018/08/07

2018/08/06

2018/08/05

2018/08/03

2018/07/28

2018/07/27

2018/07/26

2018/07/25

2018/07/24

2018/07/22

2018/07/21

2018/07/19

2018/07/18

2018/07/17

2018/07/16

2018/07/15

2018/07/14

2018/07/13

2018/07/11

2018/07/10

2018/07/09

2018/07/08

2018/07/07

2018/07/06

2018/07/05

2018/07/04

2018/06/30

2018/06/26

2018/06/24

2018/06/23

2018/06/21

2018/06/18

2018/06/16

2018/06/15

2018/06/14

2018/06/09

2018/06/08

2018/06/07

2018/06/05

2018/06/03

2018/06/02

2018/05/31

2018/05/30

2018/05/29

2018/05/28

2018/05/26

2018/05/25

2018/05/24

2018/05/22

2018/05/21

  • 好調の巨人・坂本勇、緩急に翻弄され4三振

    弄された。最速150キロの直球、チェンジアップ、大きく曲がるカーブに苦しみ、長野の2号ソロによる1得点のみ。九回に岡本が8号ソロを放ったが、反撃が遅すぎた。好調の1番・坂本勇も自身初の4三振