空振り三振

空振り三振

2019/06/25

2019/06/22

2019/06/21

2019/06/18

2019/06/17

2019/06/16

2019/06/14

2019/06/13

2019/06/12

2019/06/11

2019/06/10

2019/06/09

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/06

2019/06/05

2019/06/02

2019/05/31

2019/05/30

2019/05/29

2019/05/28

2019/05/26

2019/05/25

  • 【日本ハム】清宮が昇格即スタメンで今季初打点 236日ぶり打点も「もう少し貢献できたのかな」

    し、初打点をマークした。「7番・DH」で先発出場すると第1、2打席は空振り三振、中飛と凡退したが、6回無死満塁の好機では中犠飛を放ち、昨年9月30日の西武戦(札幌D)以来、236日ぶりの打点を記録。自身にとっての“開幕戦”で最低限の仕事を果たしたが、「前の方たちが作ってくれたチャンスで、自分はただの
    2019/05/25スポーツ報知
    詳しく見る
  • 阪神・球児、2度目の3連投

    度目の3連投となった藤川は八回を無失点。2四球などから2死一、二塁のピンチをつくったが、最後は石川を空振り三振でガッツポーズ。「(3連投は)前もやっているし。身体の状態としても、できてきていると思う」。接戦での勝利が続いているが「とにかく勝ち星を取れるときに全力で守っていくこと」と表情を引き締めた。
    2019/05/25サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • 阪神・西、納得5回2失点

    したが、二回以降は粘りの投球。五回2死一、二塁では筒香を空振り三振に斬り、ガッツポーズだ。直後の六回2死満塁で代打・中谷を送られ、5回111球、2失点で降板も「3連戦の頭なので、外ばかりだと(後に投げる)中継ぎや明日以降につながらない。僕なりに攻めることができた」と納得の表情。「中継ぎの方には申し訳
    2019/05/25サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • ロッテ、4年目の東條がプロ初勝利 1回2K斬りで逆転呼んだ

    三振。その裏に清田の逆転2ランが飛び出し、プロ初勝利をマークした。「とにかく自分の持ち味をだせるピッチングをこころがけてマウンドに上がった」先頭の牧原を見逃し三振に仕留めると、前日4安打のグラシアルを二ゴロ、さらに同2本塁打のデスパイネを持ち味の外角へ逃げるスライダーで空振り三振におさえ「右打者をお
    2019/05/25サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • 西武4番手・平井が好救援

    に迫られた六回1死満塁から代打の谷口をフォークボールで空振り三振、続く杉谷を二ゴロに仕留め、ピンチを脱した。「絶対に先発の勝ちを消さないのが僕の仕事。抑えられてよかった」。リーグ2位タイの23試合に登板して防御率1・67の中継ぎエースは「勝ちパターンを任されているし、負けは許されない」と力強かった。
    2019/05/25サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • ロッテ、守護神・益田に代わって西野が3K締め「どんな形でもいいから抑えようと」

    らって、昨日もああいう形で負けてしまっていたので、どんな形でもいいから抑えようと思った」先頭の釜元を代名詞のフォークで空振り三振に仕留めると、続く牧原は内角の直球で見逃し三振。最後は前日4安打のグラシアルを外角低めにずばっと決まる直球で見逃し三振に仕留め、グッと右拳を握った。「自分の感覚を信じて投げ
    2019/05/25サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/05/24

2019/05/23

2019/05/22

2019/05/21

2019/05/20

2019/05/18

2019/05/17

2019/05/16

2019/05/15

2019/05/14

2019/05/13

2019/05/12

2019/05/11

2019/05/10

2019/05/09

2019/05/08

2019/05/07

2019/05/06

2019/05/05

2019/05/04

2019/05/03

2019/05/02

2019/05/01

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/28

2019/04/27

2019/04/26

  • ソフトB甲斐野日本新 デビュー11戦連続0封

    セスに打順が回ったところでマウンドに上がった。「(捕手の)甲斐さんにも気持ちが乗っていると言われた」。追い込んだ2球目は指に掛かった力強い外角154キロ。手応えを感じ、最後はフォークで空振り三振。続く後藤を三飛に仕留めると、珍しくど派手なガッツポーズを繰り出した。 「やっぱり(記録を)意識したけど場
    2019/04/26西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/04/25

2019/04/24

2019/04/23

2019/04/22

2019/04/21

2019/04/19

2019/04/18

2019/04/17

2019/04/15

2019/04/14

2019/04/13

2019/04/12

2019/04/11

2019/04/10

2019/04/09

2019/04/08

2019/04/06

2019/04/05

2019/04/04

2019/04/03

2019/04/02

2019/04/01

2019/03/31

2019/03/30

2019/03/29

2019/03/25

2019/03/23

2019/03/22

2019/03/21

2019/03/18

2019/03/17

2019/03/16

2019/03/15

2019/03/14

2019/03/13

2019/03/12

2019/03/10

2019/03/09

2019/03/08

2019/03/07

2019/03/06

2019/03/05

  • 阪神・飯田がシート打撃で福留からカーブで三振「いいところに落とせました」

    121キロのカーブで空振り三振に抑えた。「いいところに落とせました。シーズンでもどんどん使いたい」と手応えを口にした。5人の打者に2安打も、ボテボテの内野安打と右前打。「岡崎さんへの3ボールが余計でした」と振り返った。開幕1軍へ「そのためにオフ、キャンプとやってきました。目指しています」と力を込めた
    2019/03/05サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/03/03

2019/03/02

2019/02/28

2019/02/27

2019/02/26

2019/02/25

2019/02/24

2019/02/23

2019/02/21

2019/02/20

2019/02/18

2019/02/17

2019/02/15

2019/02/12

2019/02/11

2019/02/10

2019/02/07

2019/02/05

2019/02/04

2018/12/17

2018/11/25

2018/11/14

2018/11/13

2018/11/11

2018/11/10

2018/11/09

2018/11/07

2018/11/02

2018/11/01

2018/10/31

2018/10/30

2018/10/27

2018/10/22

2018/10/21

2018/10/20

2018/10/19

2018/10/17

2018/10/16

2018/10/14

2018/10/13

2018/10/09

2018/10/08

2018/10/05

2018/10/04

2018/10/03

2018/10/02

2018/10/01

2018/09/28

2018/09/27

2018/09/25

2018/09/24

2018/09/23

2018/09/22

2018/09/21

2018/09/20

2018/09/19

2018/09/18

2018/09/17

2018/09/15

2018/09/12

2018/09/11

  • 【ヤクルト】平成最後の巨人キラーだ 小川、8回1失点快投で3年越しの7連勝

    8、99年の川崎以来だ。相性の良さが味方した。初回1死一、三塁のピンチで岡本、亀井を封じると波に乗った。4回に田中俊にプロ1号を献上したが、その後も粘り強い投球。3点リードの8回も2死一、二塁で代打の阿部から空振り三振を奪った。チームは大事な2位攻防3連戦に先勝。2差をつけ「真っすぐがまあまあ走って
    2018/09/11スポーツ報知
    詳しく見る

2018/09/10

2018/09/09

  • 【ソフトバンク】バンデンハークが7回零封で2年連続2ケタ勝利

    のピンチは1点リードの7回1死二、三塁。ここは持ち味の剛速球が光った。中島を152キロの直球で空振り三振。続く宗には粘られたが、11球目の155キロの直球で遊飛に仕留めた。「ミットをめがけて投げることだけを考えました。よく粘れました」と胸を張った。首位・西武に4ゲーム差で、逆転優勝を狙う。「この時期
    2018/09/09スポーツ報知
    詳しく見る
  • ソフトBミランダほえた!猛攻呼んだ!! 4回無死一、三塁→併殺→三振→直後に打線点火

    村にフォークを投げ、空振り三振を確信すると、両腕を引きつけ、叫んだ。スタンドも大歓声。だが、審判はバットとボールが触れたとしてファウルのコール。仕切り直しの1球は、外角低めの147キロ。完全に振り遅れさせると、今度は天に向かって雄たけびを上げた。「アドレナリンが出た場面では、自然と(雄たけびが)出て
    2018/09/09西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/09/08

2018/09/07

2018/09/03

  • 阪神・青柳、379日ぶり復活星 五回まで0封!好投で爆勝呼んだ

    た試合でチームが勝てた」。勝利のハイタッチ、ねぎらいの言葉。全てがうれしかった。ようやく帰ってきたんだ。初回の難所をなんとか乗り切り、自分のリズムを取り戻した。背負ったのは1死二、三塁のピンチ。それでもようやく巡ってきたチャンスだ。気合が違う。筒香を高めの直球で空振り三振に斬って取ると、続くソトは三
    2018/09/03デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/09/02

2018/09/01

2018/08/31

2018/08/30

2018/08/29

2018/08/28

2018/08/27

2018/08/25

2018/08/24

2018/08/22

2018/08/21

2018/08/19

2018/08/18

2018/08/16

2018/08/15

  • ソフトB東浜、則本との投げ合い制したカーブ/池田親興氏の目

    で真っすぐは少しずつよくなってきている段階。シンカー、スライダーともいまひとつだった中で、カーブがあったことで直球を含む他の球種が生きた。5回2死ではディクソンを空振り三振。直球で追いこんだ後の3球目が外へのカーブだった。最後の直球は甲斐の内角要求とは逆に外へいったが、球の力は十分。則本との息詰まる
    2018/08/15西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/08/14

2018/08/13

2018/08/12

2018/08/11

  • ソフトB千賀、直球に切れ、変化球も効果的/西村龍次氏の目

    してきたから、変化球も効果的だった。一方で本人が納得していないように、抜けた球も少なくない。特に力を入れて決めにいった真っすぐは高めに浮いた。今後の修正ポイントだろう。6回にレアードを空振り三振に仕留めた場面、初球に珍しくカーブを投げた。千賀はあまり投げない球種だが、緩急もつくし、今後はもっと使って
    2018/08/11西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/08/10

2018/08/09

  • 【巨人】山口俊、7回、ナバーロに同点ソロ被弾

    阪神(9日・東京ドーム)巨人は2―1で迎えた7回。先発・山口俊が先頭のナバーロに右翼越えの2号ソロを許し、同点に追いつかれた。なおも1死一、二塁のピンチを迎えたが、糸原を二ゴロ、北條を空振り三振に仕留め、勝ち越しは許さなかった。巨人は1回に重信と阿部の適時打で2点を先取したが、追加点を奪えていない。
    2018/08/09スポーツ報知
    詳しく見る