最後

最後

2019/06/25

2019/06/21

2019/06/18

2019/06/16

2019/06/15

2019/06/12

2019/06/10

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/06

2019/06/05

2019/06/04

2019/06/02

2019/06/01

2019/05/31

2019/05/30

2019/05/29

2019/05/28

2019/05/27

  • 鶴田真由さん最後の晩餐「おいしい米と漬物、塩があれば」

    きなものは後に食べる。好きじゃないものを先に食べ、好きなものは後にして「ああ、おいしかった!」で終わりたい。でも、死ぬまでに食べたいものや行きたいところはとくにありません。最後の晩さんはおいしい米と漬物、塩があればいい。それから大好きなマンゴー(笑い)。最近はだんだんイヤなことはなるべくやりたくない
    2019/05/27日刊ゲンダイ
    詳しく見る

2019/05/26

2019/05/21

2019/05/20

2019/05/19

2019/05/17

2019/05/16

2019/05/12

  • ソフトB千賀6回2失点無傷4勝 自己最悪7四球 負けないエース

    最大のピンチに千賀は最後の力を振り絞った。2四球を与えるほど警戒していた4番井上を追い込んでからの直球は156キロ、155キロを計測。ファウルで粘られたが、最後は140キロのカットボールで右飛に打ち取った。ピンクで埋め尽くされたスタンドからの大歓声が鳴りやまない中、背番号41は硬い表情のまま、ベンチ
    2019/05/12西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/05/07

2019/05/06

  • NGT山口真帆 最後の握手会、あいさつ全文「みんなに会えて、すごく幸せ」

    6日、横浜市内で自身最後となる握手会に出席。山口は握手はせず、ファンと会話するのみの「お話し会」となった。会の最後には、ファンに向けてあいさつ。全文は以下の通り。◇◇◇今まで握手会を休むことなかったけど、今回のことで握手会を休んでしまって皆さんに会えない間が4カ月ありました。昨日、今日、握手会をやる
    2019/05/06デイリースポーツ
    詳しく見る
  • 山口真帆、涙のあいさつ「またみなさんに会えるように頑張りたい」

    日、パシフィコ横浜で最後の握手会を行った。前日5日と同じく握手がない会話のみの開催で、山口は最後のあいさつで「またみなさんに会えるように頑張りたいと思うので『またね』って言わせてください」と涙ながらに語った。あいさつ全文は以下の通り。◇みなさん、本当に今までありがとうございました〈拍手〉ファン「頑張
    2019/05/06サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • 山口真帆「いろんな不安があったんですけど…」最後の握手会で涙のあいさつ

    シフィコ横浜で、自身最後となるAKBグループの握手会に出席。終了後、約300人のファンを前にあいさつした。握手会は前日(5日)にも同所で実施されたが、事前に公式サイトで「お話のみ」と発表された通り、2日続けて握手はせずに会話のみで行われ、午後8時40分ごろに終了した。以下、山口のあいさつ全文。皆さん
    2019/05/06東京スポーツ
    詳しく見る
  • 山口真帆が涙で最後のあいさつ「またねと言わせて」

    場盤握手会に出席し、最後のファンとの交流を行い、あいさつした。この日の握手会を終えると、300人近くのファンに見守られる中、登場した。「皆さん、今まで本当にありがとうございました。今まで握手会を休むことはなかったけど、今回のことで休んでしまって、皆さんに会えない時間が4カ月ありました。昨日、今日と握
    2019/05/06日刊スポーツ
    詳しく見る
  • 山口真帆 最後のあいさつ全文 「アイドルは卒業しますが、また皆さんに会えるように頑張りたい」

    日、パシフィコ横浜で最後の握手会を終えた。山口はその後、卒業するメンバー恒例のファンとの記念撮影で涙をこらえながらあいさつし、感謝の思いを述べた。山口のあいさつ全文は以下の通り。皆さん、本当に今までありがとうございました。今まで握手会を休むことなかったけど、今回のことで握手会を休んでしまって、皆さん
    2019/05/06スポーツニッポン
    詳しく見る
  • 山口真帆 ラスト握手会で涙も…「みんなと会えてうれしかった。私はこのために生きているんだ」

    夜、パシフィコ横浜で最後の握手会を終えた。来場した複数のファンによると、前日5日と同じくファンの待機列まで衝立で仕切られ、警備員やスタッフが通常の倍近い厳戒態勢。握手はせず会話のみの対応となった。2日間を通じて明るく対応し、別れを惜しむように涙を浮かべる場面もあった。一緒に卒業する菅原りこ(18)が
    2019/05/06スポーツニッポン
    詳しく見る

2019/05/05

2019/05/04

2019/05/03

2019/05/01

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/28

2019/04/27

2019/04/26

2019/04/25

2019/04/24

2019/04/23

2019/04/22

2019/04/21

2019/04/20

2019/04/19

2019/04/18

2019/04/14

  • 嵐が活動休止発表後初ライブ、5人それぞれ思い語る

    ジ上からファンにメッセージを伝えた。櫻井翔(37)は「私は、みんなのことを信じています」「最高の時間でした。ありがとうございました!」とファンに呼び掛けた。大野智(38)は「最後まで、僕らにできる、精いっぱいをですね、皆さんに、届けていきたいと思っているので。最後まで、見守っていてください」と話した
    2019/04/14日刊スポーツ
    詳しく見る
  • 嵐休止発表後初ライブ、今夏も「ワクワク学校」開催

    るこの日、5人は全41曲を熱唱、それぞれステージ上からファンにメッセージを伝えた。櫻井翔(37)は「私は、みんなのことを信じています。嵐のファンである、みんなのことを」と話し、大野智(38)は「最後まで、僕らにできる、精いっぱいをですね、皆さんに、届けていきたいと思っているので。最後まで、見守ってい
    2019/04/14日刊スポーツ
    詳しく見る
  • 指原莉乃 最後の握手会終えファンに感謝「待っててくれてありがとう!」

    、自身のツイッターで最後の握手会を終えたことを報告した。「握手会終わりましたー!11年間やってたことがなくなると思うと不思議で仕方ない…。自分のファンのみんな、そしてHKTファンの皆さんも待っててくれてありがとう!幸せです」と率直な心境をつづると、「そしてOJSの嶋田さん!レーンをずっと警備してくれ
    2019/04/14東京スポーツ
    詳しく見る
  • 【皐月賞】3番人気ダノンキングリー3着 戸崎「上位2頭に一瞬近づいたけれど」

    に出る勢いだったが、最後最後に関西馬2頭(サートゥルナーリア、ヴェロックス)に屈して頭+鼻差の3着惜敗。4戦目で初めて土がついた。昨年(エポカドーロ)に続く皐月賞連覇が夢と消えた戸崎は「調子も良く、道中もスムーズ。一生懸命になりやすい馬だけど、きょうは我慢も利いていた。上位2頭に一瞬近づいたけれど
    2019/04/14スポーツニッポン
    詳しく見る

2019/04/13

2019/04/12

2019/04/11

2019/04/10

2019/04/08

2019/04/07

2019/04/06

2019/04/05

2019/04/04

2019/04/03

2019/04/02

2019/04/01

2019/03/31

2019/03/30

2019/03/29

2019/03/28

2019/03/27

2019/03/26

2019/03/25

2019/03/23

2019/03/22

2019/03/21

2019/03/20

2019/03/19

2019/03/18

2019/03/17

2019/03/12

2019/03/11

2019/03/07

2019/03/05

2019/03/03

2019/03/02

2019/02/27

2019/02/26

2019/02/25

2019/02/23

2019/02/22

2019/02/20

2019/02/19

2019/02/18

2019/02/16

2019/02/14

2019/02/13

2019/02/12

2019/02/10

2019/02/09

2019/02/08

2019/02/07

2019/02/03

2019/02/02

2019/02/01

2019/01/31

2019/01/29

2019/01/28

2019/01/27

2019/01/26

2019/01/24

2019/01/21

2019/01/20

2019/01/19

2019/01/18

2019/01/17

2019/01/15

2019/01/14

2019/01/13

2019/01/12

2019/01/11

2019/01/10

2019/01/06

2019/01/05

2019/01/04

2019/01/03

2019/01/02

2019/01/01

2018/12/31

2018/12/30

2018/12/28

2018/12/27

2018/12/25

2018/12/24

2018/12/23

2018/12/21

2018/12/20

2018/12/18

2018/12/17

2018/12/16

2018/12/15

2018/12/12

2018/12/11

2018/12/10

  • 平成最後のNHK紅白 「サザン」「ドリカム」に期待がかかるも…最後はまた安室さん頼みか

    みになりそうだ。平成最後となる紅白は、大御所、北島三郎(82)の“男気出演”で弾みがつく一方、「サブちゃんが出るのに“平成の歌姫”の姿がないのは寂しすぎる」という声が上がっているというのだ。2013年に紅白を卒業した北島が5年ぶりに戻ってくることは、今年の目玉だ。さらには今年大ヒットした「U.S.A
    2018/12/10夕刊フジ
    詳しく見る

2018/12/09

2018/12/08

2018/12/05

2018/12/04

  • 湘南・島村が最後の練習 今季限りで引退「密度の濃い11年間のサッカー人生」

    村毅(33)が4日、最後の練習を終えた。09年に早大から入団、11年の1年間だけ徳島でプレーした以外は湘南でプレーした。「さみしい部分もある。このチームで引退できてうれしい。密度の濃い11年間のサッカー人生、いつも昇格、降格争いだったが、ご褒美で引退する年にタイトルを獲得する喜びにあえてよかった。他
    2018/12/04スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/12/03

2018/12/02

2018/12/01

2018/11/30

2018/11/29

2018/11/28

2018/11/27

2018/11/26

2018/11/24

2018/11/23

2018/11/22

2018/11/19

2018/11/18

2018/11/17

2018/11/16

2018/11/14

2018/11/12

2018/11/11

2018/11/09

2018/11/08

2018/11/07

2018/11/04

2018/11/03

2018/11/02

2018/10/31

2018/10/30

  • 山本彩卒コン裏側明かす…最後扉が閉まった瞬間涙が

    卒業コンサート「SAYAKASONIC~さやか、ささやか、さよなら、さやか~」を振り返った。コンサート中はほとんど涙を見せることはなかったが、エンディングで「最後に扉が開いて、その階段をのぼっていって扉が閉まるっていう演出だったんですけど、扉が閉まった瞬間は、もうすごい涙が出てきたんです。『あ、終わ
    2018/10/30日刊スポーツ
    詳しく見る

2018/10/27

2018/10/25

2018/10/24

2018/10/22

2018/10/21

2018/10/20

2018/10/17

2018/10/16

2018/10/15

2018/10/13

2018/10/12

2018/10/11

2018/10/10

2018/10/09

2018/10/08

2018/10/07

2018/10/06

2018/10/05

2018/10/04

2018/10/03

2018/10/02

2018/10/01

2018/09/30

2018/09/29

2018/09/28

2018/09/27

2018/09/26

2018/09/25

2018/09/24

2018/09/23

2018/09/22

  • 大杉漣さん最後の主演作 光石研「一緒にここに」

    ロデュースを手掛け、最後の主演作となった映画「教誨師(きょうかいし)」(来月6日公開、佐向大監督)の完成披露試写会が21日、都内で行われた。光石研(56)は大杉さんからもらったというジャケットを着用して登場。「今日は大杉さんのお墓参りに行って参りました。大杉さんと一緒にここに来ております。この映画に
    2018/09/22日刊スポーツ
    詳しく見る

2018/09/21

  • 広島・緒方監督、日またぎ敗戦もサバサバ「選手は最後まで戦ってくれた」

    「広島4-5阪神」(20日、マツダスタジアム)広島・緒方監督は敗戦にもサバサバとした表情だった。雨が降りしきる中、試合が決行されたが「最悪のコンディションの中、選手は集中力を持って最後まで戦ってくれた」とナインをたたえ、「ケガが怖かったけど、それもなかったし、また明日からしっかりやるだけ」と続けた。
    2018/09/21デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/09/19

2018/09/18

2018/09/17

2018/09/16

2018/09/15

2018/09/14

2018/09/13

2018/09/12

2018/09/10

2018/09/08

2018/09/07

2018/09/06

2018/09/04

2018/09/01

2018/08/31

2018/08/29

2018/08/24

2018/08/23

2018/08/21

  • ソフトBグラシアル V打&来日1号「これが最後ではない」

    ンク・グラシアルが決勝の先制打に来日1号と打線をけん引した。初回、1死二塁で中前にはじき返す先制打。5回には左翼線に来日1号を叩き込んだ。「(本塁打は)1軍では初めてなので凄くうれしいが、これが最後ではない。優勝のチャンスはまだあるし、一試合一試合、勝つように頑張りたい」とさらなる活躍を誓っていた。
    2018/08/21スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/08/20

2018/08/17

2018/08/16

2018/08/15

2018/08/13

2018/08/12

  • 小さな町のでっかい挑戦 白山、完敗も「最高の場所」 東拓司監督は応援に感謝

    が銀傘にこだました。最後の攻撃に臨む白山(三重)ナインを聖地が後押しした。0-10の完敗。それでも、最後の打者となった主将の辻宏樹捕手(3年)は「来た人にしかわからない最高の場所。大歓声がプレーをしやすくしてくれた」と晴れやかに言った。初回から4イニング連続安打。ヒットが出るたび、好守が出るたび、緑