捕手

捕手

2019/06/26

2019/06/22

  • ソフトバンク・スチュワート 22日、中2日で2度目ブルペン

    「65~75パーセント」の力で主に立った状態の捕手に29球を投げたが、「中2日」となる22日は捕手を座らせての本格的な投球となる予定。21日は約40メートルの距離でのキャッチボールとダッシュなどで調整した最速98マイル(約158キロ)右腕は「コンディションは悪くないよ」とブルペン入りを心待ちにした。
    2019/06/22西日本スポーツ
    詳しく見る
  • ソフトバンク石川 中4日でブルペン「次の段階いける」

    りした。立った状態の捕手に7割程度の力で約30球。約3カ月ぶりにブルペンで投げた16日は「3割ぐらいの力」で投げたが、この日は「7割くらい。次の段階にいけるんじゃという手応えはあった。あさって(23日)は捕手に座ってもらおうかな」と順調な回復を強調。斉藤リハビリ担当コーチは「かなり力を入れていた。本
    2019/06/22西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/06/21

  • 【阪神】西 通算1000奪三振達成で捕手に感謝「いいリードをしてもらって積み重ねることができた数字」

    28)は6回9安打3失点の粘投。5回2死一、二塁で、134キロのスプリットで中村から空振り三振を奪い、史上149人目の通算1000奪三振を達成した。「歴代の捕手の方々にいいリードをしてもらって積み重ねることができた数字。ホームで達成できたことも良かったなと思ってます」と感謝した。5月10日の中日戦で
    2019/06/21スポーツ報知
    詳しく見る

2019/06/19

  • ソフトB岩崎、捕手座らせ全力で25球

    を目指す岩崎が福岡県筑後市のファーム施設で、昨年10月の再手術以降初めて座った捕手相手にブルペン投球を行った。中腰の捕手に15球投げた後、座った捕手に25球を全力投球し大粒の汗をにじませた。今後は球数を50球程度まで増やしていき「変化球まで投げられたら、打者にも投げていけると思う」と見通しを語った。
    2019/06/19西日本スポーツ
    詳しく見る
  • 巨人・阿部のマスク姿いつ見られる?

    H制は前カードまでで終了。指名打者として先発出場していた阿部慎之助捕手(40)は再び代打の切り札としてベンチ待機となったが、4年ぶりに戻ったはずの捕手としての出場は今季まだない。今後、就く可能性はあるのか――。何とか振り切った。12球団屈指の防御率を誇る山本から、丸と岡本の一発で3回までに3点を先制
    2019/06/19東京スポーツ
    詳しく見る

2019/06/18

2019/06/14

2019/06/12

2019/06/11

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/04

2019/06/02

2019/06/01

2019/05/31

2019/05/29

2019/05/28

2019/05/27

2019/05/26

2019/05/23

2019/05/19

2019/05/16

2019/05/15

2019/05/14

2019/05/13

2019/05/11

2019/05/10

2019/05/07

2019/05/02

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/27

2019/04/24

2019/04/17

2019/04/16

2019/04/14

2019/04/13

2019/04/11

2019/04/09

2019/04/08

2019/04/07

  • 楽天・銀次、初の捕手で二盗を阻止 4イニングを守る

    は九回にベンチ入りの捕手を使い果たし、銀次内野手(31)がプロ入り14年目で初の捕手を務める緊急事態となった。この日は嶋が捕手で先発。七回にオコエを代打として送り、その裏の守備から足立が捕手を務めた。3点を追いかける九回、足立に代わり藤田を代打に送り、この回に同点に追いついた一方で、登録している捕手
    2019/04/07サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/04/06

2019/04/01

2019/03/29

2019/03/24

2019/03/15

2019/03/14

2019/03/13

2019/03/10

2019/03/08

2019/03/07

2019/03/05

2019/03/04

2019/03/03

2019/02/28

2019/02/27

2019/02/26

2019/02/25

2019/02/24

2019/02/23

2019/02/22

2019/02/21

2019/02/20

2019/02/17

2019/02/16

2019/02/14

2019/02/13

2019/02/11

2019/02/09

2019/02/07

2019/02/06

2019/02/05

2019/02/04

2019/02/02

2019/01/29

2019/01/27

2019/01/26

2019/01/24

2019/01/22

2019/01/21

2019/01/19

2019/01/18

2019/01/16

2019/01/15

2019/01/13

2019/01/12

2019/01/11

2019/01/09

2019/01/07

2019/01/06

2019/01/05

2019/01/03

2018/12/31

2018/12/30

2018/12/27

2018/12/21

2018/12/18

2018/12/17

2018/12/16

2018/12/15

2018/12/14

2018/12/13

2018/12/10

2018/12/05

2018/12/04

2018/12/03

2018/11/30

2018/11/29

2018/11/27

2018/11/26

2018/11/17

2018/11/14

2018/11/13

2018/11/12

2018/11/11

2018/11/10

2018/11/09

2018/11/08

2018/11/07

2018/11/06

2018/11/05

2018/11/03

2018/11/02

2018/11/01

2018/10/31

2018/10/30

2018/10/29

2018/10/28

2018/10/25

2018/10/23

  • 広島・中村奨成の1年、3連覇はTVで…「自分がいないのは悔しい」

    広島・中村奨成捕手(19)が1年目のレギュラーシーズンを終え、収穫と課題を振り返った。ウエスタンでは83試合に出場し打率・201、4本塁打、16打点。捕手としてはチーム最多の51試合でマスクをかぶった。1軍出場こそ果たせなかったが、プロの世界を肌で実感し続けている。「自分にとってはプラス。守りはでき
    2018/10/23デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/10/22

2018/10/15

  • 巨人の捕手・小林、菅野と今度は味方として8年前の“再現”

    とバッテリーを組んだ捕手の小林は「こういう緊迫した中でも自分をコントロールできていた」と堂々たる投球に最敬礼。七回二死から山田哲に四球を許した直後、マウンドで声を掛けるなど“阿吽(あうん)の呼吸”で支えた。実は2010年6月10日の全日本選手権準々決勝で、東海大のエースだった菅野に小林の同志社大が七
    2018/10/15サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/10/14

2018/10/11

2018/10/02

  • 「やり返す」正捕手の誓い/プロ野球番記者コラム

    ゲームまで縮めるなど、昨季王者の意地は発揮した。「もしかすると」と多くの人に思わせた底力には驚かせられた。「西武はどこからでも長打が打てる打線。今年は本当によく打たれたし、捕手として悔しい」。V逸が決まった同日の試合後、甲斐は唇をかみしめた。シーズン中盤まで他の捕手と併用されたが、7月29日以降50
    2018/10/02西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/09/28

2018/09/27

2018/09/23

2018/09/22

2018/09/21

2018/09/20

2018/09/17

2018/09/15

2018/09/05

2018/09/01

2018/08/31

  • 3番手捕手に“休み”なし/プロ野球番記者コラム

    糧にしたい」。4年目捕手の栗原がさわやかな笑顔を見せた。ホークスにとって7年ぶりの10連勝が懸かった28日のロッテ戦、1点ビハインドの9回からマスクをかぶった。マウンドには石川。逆転へのムードを高めるリードをと、テンポのいい投球を引き出した。「とにかく必死。石川さんのよさを崩さないよう心がけた」。現
    2018/08/31西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/08/28

2018/08/23

2018/08/19

2018/08/15

2018/08/14

2018/08/13

2018/08/12

2018/08/09

2018/08/07

  • 阪神・坂本が1軍昇格「自信を持ってできれば」

    阪神・坂本誠志郎捕手(24)が7日、5月14日以来、約3カ月ぶりに出場選手登録された。「スローイングや守る方で、考えながらいろんなことできた。自信を持ってできれば」。ウエスタンでは37試合に出場し、打率・292、16打点、1本塁打。打撃でも一定の結果を残してきた。矢野2軍監督には「1軍でも思い切って
    2018/08/07サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/08/06

2018/08/03

2018/08/02

2018/07/29

2018/07/27

2018/07/24

2018/07/22

2018/07/21

2018/07/20

2018/07/19

2018/07/16

  • 【DeNA】伊藤光が移籍後初打席初安打…50打席ぶり

    浜)DeNA・伊藤光捕手(29)が16日、中日戦(横浜)で実に自身50打席ぶりとなる移籍後初安打をマークした。「7番捕手」でスタメン起用されると2回2死の第1打席、追い込まれながら小川の低めのチェンジアップをしぶとく中前に運んだ。今季オリックスでは7試合で13打数無安打だっただけに移籍後初打席初安打
    2018/07/16スポーツ報知
    詳しく見る

2018/07/15

2018/07/14

2018/07/13

2018/07/12

2018/07/10

2018/07/09

2018/07/08

2018/07/07

2018/06/30

2018/06/29

2018/06/28

2018/06/27

2018/06/20

2018/06/18

2018/06/13

2018/06/01

2018/05/31

2018/05/30

2018/05/27

2018/05/25

2018/05/24

2018/05/12

2018/05/11

2018/05/08

2018/05/06

2018/05/03

2018/05/01

2018/04/29

2018/04/28

2018/04/24

2018/04/22

2018/04/20

2018/04/19

2018/04/18

2018/04/17

2018/04/14

2018/04/11

2018/04/09

  • 阪神・長坂が2軍施設で休日返上練習 今季1軍初昇格に「速い球に負けないように」

    阪神の長坂拳弥捕手が9日、鳴尾浜で休日返上トレ。室内で打撃とキャッチング練習を行った。1軍昇格を狙う背番号39は、「ヒットは出ているけど、速球を捉えられていない。速い球に負けないように」とテーマを挙げた。「会話、ジェスチャーを含め、投手をリードしている感じをもっと出さないといけない」と、捕手としての
    2018/04/09デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/04/05

2018/04/04

2018/04/03

2018/03/29

2018/03/19

2018/03/18

2018/03/15

2018/03/14

2018/03/13

2018/03/09

2018/03/07

2018/03/06

2018/02/27

2018/02/23

2018/02/22

2018/02/20

2018/02/19

2018/02/18

2018/02/16

2018/02/14

2018/02/13

2018/02/12

  • ノムさん「19番付けて」 ソフトB甲斐「頂けるぐらい頑張りたい」

    捕手を狙う甲斐が、野村氏から背番号「19」の継承を勧められた。テレビ収録で初めての対談。野村氏からは「功は人に譲れ」との言葉を贈られたという。大分・楊志館高時代から著書を読みあさっていた甲斐は「神様のような存在で、夢のような時間。捕手は脇役ということです」と目を輝かせた。対談後に野村氏は「捕手は(
    2018/02/12西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/02/11

2018/02/10

2018/02/08

2018/02/07

2018/02/06

2018/02/05

2018/02/03

2018/02/02

2018/02/01

  • ソフトB九鬼が第3の捕手へ「必死にやる」

    ピールする。主力組の一員として飛行機で宮崎入り。高谷、甲斐に続く第3の捕手を狙う戦いが始まる。「必死にやるしかない。(去年の)B組とA組ではまた違う。できることをやっていくしかない。技術面はまだまだ未熟なので元気とか若手らしくやっていきたい」と目を輝かせた。=2018/02/01付 西日本スポーツ=
    2018/02/01西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/01/31

  • 捕手の責任大!阪神・坂本、馬場の七色変化球受け痛感

    くした。「どの変化球も、器用に投げているなという印象でした。(受けた変化球は)全部違う動き方をしていた。あれだけいろいろ投げられると、キャッチャーの責任も大きくなるなと思いました」捕手の責任-。思わずそんな言葉を口にした。次々に切れよく繰り出されたのは直球とカットボール、チェンジアップに縦&横のスラ
    2018/01/31サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/01/30

2018/01/27

2018/01/25

2018/01/24

2018/01/20

2018/01/19

2018/01/15

2018/01/14

2018/01/12

2018/01/11

2018/01/10

2018/01/09

2018/01/02

  • 新選手会長・梅野が阪神を支える 大役の心構えは捕手と同じ献身リード

    く!阪神の梅野隆太郎捕手(26)が、17代目の選手会長に就任。「名誉なこと、自分はすごくプラスになることだと思っている」。愛されキャラの男が、プロ5年目で大役を担うことになった。グラウンド上では主将の福留が仲間を鼓舞するのに対し、選手会長の梅野には捕手のような献身的な心構えが必要となる。前選手会長の
    2018/01/02デイリースポーツ
    詳しく見る

2017/12/29

2017/12/27

2017/12/26

  • 阪神・原口、苦労人の忍“耐”再び花開くか 行く年、来る年を漢字1文字で表現したら…

    “耐”ですかね」来季捕手への再挑戦を宣言している阪神・原口文仁(25)が24日、故郷の埼玉県寄居町で野球教室を行い、行く年と来る年をそれぞれ漢字1字で表現した。昨年は故障が癒えて育成枠から4年ぶりに支配下登録され、いきなり107試合、打率・299、11本塁打、46打点。強打の捕手としてブレークした。
    2017/12/26夕刊フジ
    詳しく見る

2017/12/20

2017/12/18

2017/12/17

2017/12/15

2017/12/14

2017/12/13

2017/12/11

2017/12/10

2017/12/09

  • 巨人逃した“金の卵” 燕1位・村上宗隆に“清宮並み”の素質あり

    捕手にこだわりがないといえばウソになるが、打撃を期待されていると思うので頑張りたい」7日に行われたヤクルトの新入団選手発表会。本職の捕手から三塁にコンバートされるドラフト1位の村上宗隆(九州学院)がこう意気込んだ。外れ1位として巨人、楽天との競合の末にヤクルトがクジを引き当てた。187センチ、97
    2017/12/09日刊ゲンダイ
    詳しく見る

2017/12/05

2017/12/04

2017/12/02

2017/12/01

2017/11/29

2017/11/28

2017/11/23

2017/11/21

  • 【江尻良文の快説・怪説】ベストナインに異変!“初顔”続出 ヤクルト・山田不振で広島・菊池が“独占”

    い。パ投手が8年目の西武・菊池、同捕手が育成含め7年目のソフトバンク・甲斐、同一塁手には12年目の楽天・銀次(ただし、14年に三塁手で受賞)。さらに三塁手には来日3年目の楽天のZ・ウィーラー、ベストDHには来日4年目のソフトバンクのデスパイネが選ばれた。セの方も捕手に11年目の広島・会沢、一塁手に来