右前打

右前打

2019/06/26

  • ソフトバンク・コラス 「46」で初安打

    新ユニホームで3回に右前打を放った。5回にはレフト、8回にもライトへ大飛球を放ち、パワーを見せつけた。18~20日の練習では「1軍では落ちる球で攻められる。それをいかに振らないか。対応しておかないといけない」という小川2軍監督のアドバイスに基づき、左投手の緩いカーブを左翼方向へ打つ練習を重ねたという
    2019/06/26西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/06/24

2019/06/21

2019/06/20

  • ソフトバンク周東チームトップ12盗塁 9回代走で二盗

    。1点を追う9回、先頭で右前打を放って出塁した松田宣の代走で出場。1死から二盗を決め、チームトップの盗塁数を12に伸ばした。「あのタイミングで仕掛けなかったら、自分が試合に出ている意味がない。走らないといけなかった」。広げた好機は白星に結びつかなかったが、俊足のスペシャリストとしての仕事を果たした。
    2019/06/20西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/06/18

2019/06/17

2019/06/15

2019/06/14

2019/06/13

2019/06/12

2019/06/11

2019/06/09

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/06

2019/06/05

2019/06/02

2019/05/31

2019/05/30

2019/05/28

2019/05/27

2019/05/26

2019/05/25

2019/05/24

2019/05/23

2019/05/19

2019/05/18

2019/05/17

2019/05/15

2019/05/12

2019/05/11

2019/05/10

2019/05/09

2019/05/08

2019/05/04

2019/05/03

2019/05/02

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/28

2019/04/27

2019/04/26

2019/04/25

2019/04/24

2019/04/23

2019/04/21

2019/04/20

2019/04/17

  • 阪神は十二回ドロー ドリスが登板せず、アクシデントか

    は四回1死から糸井が右前打で出塁すると、続く大山が左翼ポール際に2号2ランを放って先取点を奪った。青柳は7回5安打無失点と好投し、今季初勝利の権利を持ってマウンドを降りたが、リリーフが誤算。八回、2番手能見が代打・大引、青木への連続四球で1死一、二塁。代わった3番手ジョンソンが、山田哲への死球で1死
    2019/04/17サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/04/16

2019/04/15

  • 阪神・鳥谷、激走ホームイン

    園)「6番・遊撃」で2試合連続のスタメン出場となった鳥谷は、さすがの選球眼でつないだ。福留が同点打を放った直後の1死一塁で、2球で追い込まれながらも四球をもぎ取った。その後の1死一、二塁では、二走としてD3位・木浪聖也内野手(ホンダ)の右前打で本塁へ激走し生還。3打数無安打だったが、存在感を見せた。
    2019/04/15サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • 阪神・糸井、超人節「風邪ひいた」

    勝1敗、14日、甲子園)ベテランの一打で眠っていた打線が目を覚ました。糸井は0-1の四回、先頭で打席に立つと外角の変化球をとらえ、左中間への二塁打。続く福留の右前打で同点のホームを踏んだ。3打数2安打1四球。試合後は雨が降る中での試合に「風邪ひいた」と超人節を炸裂させながら、クラブハウスへと急いだ。
    2019/04/15サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/04/14

2019/04/12

2019/04/11

2019/04/09

2019/04/07

2019/04/05

2019/04/03

2019/04/02

2019/04/01

  • 阪神D1・近本、二塁打でプロ初得点!3試合連続で「2番・中堅」

    を追う四回先頭、中越え二塁打で出塁。チーム初安打を放ち、唯一の得点を生み出した。「先頭だったので塁に出ることと、ストレートがいいピッチャーだったので、しっかりとらえられるようにと思っていました。結果からしたら、よかったと思います」糸井の右前打で三進して大山の右犠飛で生還。プロ初得点を記録した。3試合
    2019/04/01サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/03/31

2019/03/29

2019/03/25

2019/03/24

2019/03/23

2019/03/22

2019/03/21

2019/03/20

2019/03/18

2019/03/17

  • ソフトB・サファテ、2度目の登板で精彩欠く「まだまだとしかいえない」

    精彩を欠いた。「まだまだとしかいえないよ。前よりよくなったといえることは何もない。やらないといけないことがたくさんあるね」八回先頭の上田に初球を簡単に右前打。2死二塁で、新人の中山翔太外野手(法大)に左翼線適時二塁打を浴びた。主力が退いた打線に1回2安打1失点。開幕まで残り2週間を切って最速143キ
    2019/03/17サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/03/16

2019/03/14

2019/03/13

2019/03/12

2019/03/09

2019/03/08

2019/03/06

2019/03/05

  • 阪神・飯田がシート打撃で福留からカーブで三振「いいところに落とせました」

    21キロのカーブで空振り三振に抑えた。「いいところに落とせました。シーズンでもどんどん使いたい」と手応えを口にした。5人の打者に2安打も、ボテボテの内野安打と右前打。「岡崎さんへの3ボールが余計でした」と振り返った。開幕1軍へ「そのためにオフ、キャンプとやってきました。目指しています」と力を込めた。
    2019/03/05サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/03/03

2019/03/01

2019/02/28

2019/02/26

2019/02/24

2019/02/22

2019/02/21

2019/02/19

2019/02/18

2019/02/06

2019/02/04

2019/02/03

  • 勝負の4年目へ!巨人・桜井 紅白戦で1回零封アピール「最初にしてはいい感じ」

    板。1死後に吉川大に右前打を許すも、盗塁死の後は3番・立岡を中飛に仕留めた。「テーマは真っすぐでファウルを取ること。最初にしてはいい感じで入れた」。1回を1安打無失点。15年ドラフト1位右腕。過去3年は1軍で未勝利に終わっており、勝負のシーズンへ向けて「次は変化球の精度。変化球でカウントが取れるか、
    2019/02/03スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/11/15

2018/11/12

2018/11/10

2018/11/02

2018/11/01

2018/10/30

2018/10/28

2018/10/27

2018/10/25

2018/10/19

2018/10/18

2018/10/17

2018/10/16

2018/10/15

2018/10/13

2018/10/09

2018/10/08

2018/10/07

2018/10/04

2018/10/03

2018/09/30

2018/09/29

2018/09/28

2018/09/26

2018/09/25

2018/09/22

2018/09/21

2018/09/18

2018/09/17

2018/09/15

2018/09/14

2018/09/12

  • 新井さんひと安心!広島M7 逆転!連敗6で止めた 丸&誠也&松山7回3者連続タイムリー

    を6で止めた。2位・ヤクルトが巨人と引き分けたため、マジックは7になった。カープ打線がようやく目を覚ました。1―1の7回、先頭の野間が2番手・エスコバーから四球を選んで出塁すると、ここまで同点ソロを含む3打数3安打の菊池の犠打と捕逸で1死三塁に。3番・丸の痛烈な右前打で勝ち越すと、4番・鈴木の中越え
    2018/09/12スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/09/09

2018/09/07

2018/09/05

2018/09/04

2018/09/02

2018/08/31

2018/08/30

2018/08/29

2018/08/28

2018/08/27

2018/08/26

2018/08/25

2018/08/24

2018/08/22

2018/08/20

2018/08/19

2018/08/18

2018/08/17

2018/08/16

2018/08/15

2018/08/13

2018/08/12

2018/08/11

2018/08/09

2018/08/07

2018/08/04

2018/08/03

2018/08/01

2018/07/29

2018/07/28

2018/07/26

2018/07/25

2018/07/24

2018/07/22

2018/07/21

2018/07/20

2018/07/18

2018/07/15

2018/07/14

  • 初出場の日本ハム・上沢「今季で一番緊張した」

    無失点。「今シーズンで一番緊張しましたね。中3日というのもありましたし、体が変な感じでした」と初出場の球宴を振り返った。六回、先頭の坂本を右飛に抑えると、続く岡本は低めの変化球で空振り三振。坂口も二ゴロに仕留めた。七回は先頭の山田に右前打を許したが、後続の鈴木、バレンティン、宮崎と3人で斬った。「い
    2018/07/14デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/07/13

2018/07/10

2018/07/09

2018/07/07

  • 復帰2戦目で早くも手応え 大谷が明かしていた“打撃の極意”

    日)、復帰2戦目のマリナーズ戦で2安打2得点、勝利に貢献して満足そうにこう言った。1本目の右前打が時速約166キロなら、2本目の右翼線二塁打は時速約163キロ。ともにバットの芯でとらえたいい当たりだったが、本人が「進歩」と自画自賛したのは結果よりも投球に対するアプローチだった。3三振を食らった前日の
    2018/07/07日刊ゲンダイ
    詳しく見る

2018/07/06

2018/07/05

2018/07/04

2018/07/01

2018/06/30

2018/06/29

2018/06/28

2018/06/27

2018/06/26

2018/06/25

2018/06/24

2018/06/22

2018/06/15

2018/06/14

2018/06/12

2018/06/11

2018/06/10

2018/06/05

2018/06/03

2018/06/02

2018/06/01

2018/05/31

2018/05/29

2018/05/26

2018/05/25

2018/05/24

2018/05/22

2018/05/20

2018/05/19

2018/05/18

2018/05/17

2018/05/16

2018/05/14

2018/05/13

2018/05/10

2018/05/09

2018/05/08

2018/05/05

2018/05/04

2018/05/03

2018/05/01

2018/04/30

2018/04/28

2018/04/27

2018/04/26

2018/04/24

2018/04/23

2018/04/22

2018/04/21

2018/04/20

2018/04/18

2018/04/17

2018/04/15

  • 広島守護神の中崎、3点リードも九回ヒヤリ 1点差に追い詰められ「勝てて良かった」

    戦連続で試合を締め、5セーブ目を挙げた。3点リードの九回に登板。連打と四球で無死満塁のピンチを招き、坂本の右前打で1点差に。ヒヤヒヤの展開だったが、最後はマギーを一直に打ち取り、ゲームセットの瞬間を迎えた。試合後は「チームが勝てて良かったです」と中崎。緒方監督は「ザキがよく頑張った」とたたえていた。
    2018/04/15デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/04/13

2018/04/12

2018/04/11

2018/04/10

2018/04/09

2018/04/08