同点

同点

2019/06/21

2019/06/20

2019/06/19

2019/06/15

  • 【阪神】糸井が二塁強襲の同点二塁打「何とかまずは同点にと」

    糸井がセカンド強襲の同点二塁打を放った。1点を追う4回無死二塁で打席に入ると、山岡のスライダーに食らいついた。センターへ抜けようかという打球は二塁・福田がグラブに当てながらも捕球できず。ボールが転々とする間に走者の糸原が生還し、糸井も二塁を陥れた。そこまで山岡を打ちあぐねていただけに「何とかまずは同
    2019/06/15スポーツ報知
    詳しく見る
  • 阪神・糸井、適時二塁打で8試合ぶり打点

    ックス戦(京セラ)で同点の適時二塁打。試合を振り出しに戻した。「何とかまずは同点にと思っていました。絶対に追い越します」0-1の四回。先頭の糸原が右中間を破る二塁打で出塁すると、糸井が打席に立った。粘った7球目、浮いてきた131キロスライダーを二遊間へ。これを二塁・福田が大きく弾く間に、糸原が生還。
    2019/06/15サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/06/14

2019/06/13

2019/06/12

2019/06/11

2019/06/09

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/06

2019/06/05

2019/06/02

2019/06/01

2019/05/27

2019/05/25

  • ヤクルト ついに10連敗&5位転落 96敗した17年以来の2桁大型連敗

    エドに先制適時打を打たれる嫌な立ち上がり。直後の攻撃で青木の7号ソロで同点に追いついたが、三回に再びリードを許す。ここでもすぐに山田哲が同点10号ソロを打ち食い下がったが、四回に石川が中日・堂上に3号ソロを浴びる。同点とした直後に勝ち越しを許す悪い流れを断ち切れず、石川は4回7安打3失点(自責2)で
    2019/05/25デイリースポーツ
    詳しく見る

2019/05/24

2019/05/17

2019/05/16

2019/05/15

2019/05/14

2019/05/11

2019/05/10

  • 【一問一答】阪神・矢野監督、2死から西の安打がきっかけの逆転に「野球の怖さ」

    7-3と快勝。二回に同点とし、さらに2死走者なしからの西の安打をきっかけに勝ち越したことに、「野球の怖さ」と振り返った。--12連戦後の最初のカードに、いい形で入れた「先制はされましたけど、すぐに逆転できましたし。ピッチャーもね、西もよく頑張ってくれましたし。ジョンソン、ドリスもね、いつも通りしっか
    2019/05/10サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/05/09

2019/05/07

2019/05/06

2019/05/05

2019/05/03

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/25

2019/04/23

2019/04/19

2019/04/17

  • 【阪神】逃げ切れずも投手陣粘って今季初ドロー 矢野監督「投手がみんな粘ってくれた」

    で先行したが、8回に同点に追い付かれた。それでも若手投手陣が粘って、今季初の引き分けに持ち込んだ。2点リードの8回に能見を起用したが、1死一、二塁とピンチを招いて降板。後を受けたジョンソンは山田に死球を与えて満塁とすると、続くバレンティンに2点適時打を浴びて同点に追い付かれた。その後は、延長10回に
    2019/04/17スポーツ報知
    詳しく見る

2019/04/16

2019/04/10

2019/04/09

2019/04/06

2019/04/04

2019/03/29

2019/03/12

2019/03/10

2019/03/09

  • 阪神は9回に追いつかれ初白星逃す

    りを確定させる好投を見せると、打線は同点で迎えた7回一死二塁、鳥谷が中前打。二走マルテの激走もあり勝ち越しに成功すると、球場のムードは最高潮に達した。しかし9回、藤川がリードを守れず、再度同点に追いつかれ、そのままゲームセット。前日(8日)の楽天戦(倉敷)で5連敗を喫した際には「ファンに面白いと思っ
    2019/03/09東京スポーツ
    詳しく見る

2019/03/06

2019/01/18

2019/01/17

2019/01/15

2019/01/14

2019/01/10

2018/12/16

2018/12/15

2018/12/08

2018/11/11

2018/11/02

2018/10/27

2018/10/17

2018/10/15

2018/10/14

2018/10/12

2018/10/09

2018/09/29

2018/09/28

2018/09/27

2018/09/24

  • 楽天・銀次が同点適時打「積極的にいきました」

    24日、楽天生命パーク宮城)楽天・銀次内野手(30)が七回、同点の適時打を放った。1死一、三塁。銀次は、多和田から代わったばかりの小川の初球をたたき、左前へはじき返した。「打ったのはシュート系のボールだと思います。チャンスだったので積極的にいきました。振り切ったところに落ちましたね」とコメントした。
    2018/09/24デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/09/19

2018/09/18

2018/09/17

2018/09/12

2018/09/09

2018/09/08

2018/09/04

2018/09/01

2018/08/31

2018/08/29

  • 【巨人】6回、坂本勇、重信の連続タイムリーで同点に追いつく

    野が右前安打。小林が左前安打で続き一、三塁とすると、吉川光の代打・亀井は空振り三振に倒れたが、坂本勇が左前へタイムリーを放ち1点差。重信も右前適時打で続き連打で同点に追いついた。7回からは2番手・上原がマウンドに上がった。上原は先頭の西川に左中間二塁打されるも、三塁手・岡本の好守もあり後続を抑えた。
    2018/08/29スポーツ報知
    詳しく見る
  • 楽天・内田が勝ち越し弾 同点の七回、榎田から5号2ラン

    球場)楽天・内田靖人内野手が同点の七回、勝ち越しの今季5号2ランを放った。榎田の直球をとらえ、左翼席上段まで運んだ。内田は「同点にされた後なので、とにかくつなぐことだけを意識していました。しっかり自分のスイングができましたね。スタメンで使って頂いているので、結果が出せて良かったです」とコメントした。
    2018/08/29デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/08/28

2018/08/27

2018/08/26

2018/08/21

2018/08/18

2018/08/17

2018/08/15

2018/08/14

2018/08/12

2018/08/11

2018/08/09

2018/08/08

  • 広島・九里 4回3失点で降板「最少失点で粘ることができなかった」

    、1-0の四回。2死二塁からビシエドに左前適時打を浴び同点とされると、安打と四球で満塁のピンチ。続く福田には左翼線へ勝ち越しの2点適時打を献上した。直後の攻撃で味方が同点とし、1死一、三塁となった場面で打席を迎えると、代打を送られ降板となった。右腕は「三回までは低めにも投げ切れていたと思うし、自分の
    2018/08/08デイリースポーツ
    詳しく見る
  • 中日 ビシエド、痛恨の失策で同点にされる

    マツダ)中日はビシエドの失策で4回に同点にされた。直前の攻撃で3点を奪い逆転したが、1死満塁で8番・西川の打球で一瞬捕球をためらったビシエドがファンブル。ボールが一、二塁間を転々とする間に2者が生還し、3―3となった。ビシエドは4回に左前の同点適時打を放っていたが、3連敗中の中日にとっては痛かった。
    2018/08/08スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/08/07

2018/08/05

2018/08/04

2018/08/03

2018/08/02

2018/08/01

2018/07/29

2018/07/28

2018/07/26

2018/07/25

2018/07/24

2018/07/23

2018/07/22

2018/07/20

  • 巨人・吉川尚、中前2点打放ち同点に! 最大7点差から猛追

    マツダ)に「2番・遊撃」で先発出場。2点を追う七回無死二、三塁から同点の中前2点打を放った。猛追だ。最大7点差あったが、じわりじわりと追い上げてついに追いついた。七回は先頭の代打・石川が右前打を放ち、長野の二ゴロを広島の名手・菊池が二塁へ悪送球。相手のミスで得たチャンスで吉川尚がしっかりと生かした。
    2018/07/20サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/07/17

2018/07/16

2018/07/15

2018/07/09

2018/07/05

2018/07/01

2018/06/30

2018/06/28

2018/06/27

2018/06/26

2018/06/25

2018/06/24

2018/06/23

2018/06/19

2018/06/16

2018/06/15

2018/06/14

2018/06/13

2018/06/08

2018/06/07

2018/06/04

2018/06/02

2018/06/01

2018/05/28

2018/05/27

2018/05/26

2018/05/25

2018/05/24

2018/05/19

2018/05/18

2018/05/15

2018/05/12

2018/05/11

2018/05/10

2018/05/09

2018/05/06

2018/05/03

2018/05/01

2018/04/30

2018/04/29

2018/04/28

2018/04/26

  • 【V弾一問一答】広島・エルド「高く上がりすぎたが、芯をくったぶん入ってくれた」

    26日、横浜)広島は同点で迎えた九回、代打で登場したブラッド・エルドレッド内野手(37)が決勝の4号ソロを放ち3連勝。首位をキープして28日からの9連戦に突入する。以下はエルドレッドの試合後の一問一答。--ホームランを打った感触は「いい感触で当たったが高く上がりすぎてしまった。それでも(バットの)芯
    2018/04/26サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/04/21

2018/04/20

2018/04/13

2018/04/11

2018/04/09

2018/04/08

  • ソフトB武田一発に泣く 鷹30年ぶり7戦目も先発は勝てず-

    、二塁で今江に痛恨の同点3ラン被弾。追い込んでからのカーブが高めに入った。「力んでしまった。全体的にいい感じだったけど、決め球で力が入ってしまうことが多い。この反省を次に生かしたい」。同点の7回途中で降板し、勝ち負けつかず。チームで先発投手が開幕から7試合続けて白星をつかめなかったのは、開幕7連敗し
    2018/04/08西日本スポーツ
    詳しく見る
  • ヤクルト山中4回4失点 リード守れず「申し訳ないです」

    史投手は、4回6安打4失点で降板した。1点リードの三回は巨人・大城にプロ初アーチとなる同点の右越えソロを被弾。その裏に味方が3点を勝ち越したが、四回にも連続適時打と左犠飛で3失点して再び同点とされた。リードを守れず「野手の方に点を取ってもらった直後に追いつかれて申し訳ないです」と反省の弁を口にした。
    2018/04/08デイリースポーツ
    詳しく見る
  • ヤクルト山中4回4失点 リード守れず「申し訳ないです」

    史投手は、4回6安打4失点で降板した。1点リードの三回は巨人・大城にプロ初アーチとなる同点の右越えソロを被弾。その裏に味方が3点を勝ち越したが、四回にも連続適時打と左犠飛で3失点して再び同点とされた。リードを守れず「野手の方に点を取ってもらった直後に追いつかれて申し訳ないです」と反省の弁を口にした。
    2018/04/08デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/04/07

2018/04/01

2018/03/30

  • 【ヒーロー一問一答】広島・エルドレッド「非常に最高のスタートになった」

    エルドレッドが右越え同点1号。さらに田中の2点二塁打で勝ち越した。先発の野村は6回3失点と試合を作り、今季初勝利を挙げた。この日2安打1打点のエルドレッドはお立ち台で充実感を漂わせた。--開幕戦を勝利「開幕戦をずっと待っていたのでチームとして勝てて非常に嬉しい。とても興奮している」--同点本塁打を放
    2018/03/30サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • 広島が4年ぶりに開幕戦白星! 野村が6回3失点

    エルドレッドが右越え同点1号。さらに田中の2点二塁打で勝ち越した。先発の野村は6回3失点と試合を作り、今季初勝利を挙げた。広島は野村、中日は小笠原が先発した。先制したのは広島。一回一死満塁と好機を作ると、5番・松山が右犠飛を放ち1点を奪った。中日は二回一死満塁で松井雅が右犠飛を放ち同点に追いついた。
    2018/03/30サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/03/25

2018/03/23

2018/03/18

2018/03/14

2018/03/08

2018/02/23

2018/02/15

2018/02/14

2017/12/31

2017/11/16

2017/11/12

2017/11/04

2017/11/03

2017/11/02

2017/11/01

2017/10/30

2017/10/29

2017/10/25

2017/10/20

2017/10/19

2017/10/16

2017/10/07

2017/10/05

2017/10/04

2017/09/30

2017/09/26

  • 【巨人】マシソン、執念の14球 同点7回無死一、二塁3人斬り&8回も無安打

    ンが立ちはだかった。同点の7回無死一、二塁。1点も許されないシーンだった。由伸監督は「場面、状況によって(早めに)とは思っていた」と助っ人右腕を送った。「一人ずつ集中することを考えた」と期待に応えた。バレンティンを一邪飛、山田を左飛、代打・大松を捕邪飛と14球で封じた。1点を勝ち越して迎えた8回1死
    2017/09/26スポーツ報知
    詳しく見る

2017/09/25

2017/09/19

2017/09/16

2017/09/14

2017/09/10

2017/09/07

2017/09/06

2017/09/05

2017/09/03

2017/08/30

2017/08/28

2017/08/25

2017/08/23

2017/08/22

2017/08/19

2017/08/18

2017/08/17

2017/08/16

2017/08/11

2017/08/10

2017/08/08

2017/08/07

2017/08/06

2017/08/05

2017/08/03

2017/08/02

2017/08/01

2017/07/29

2017/07/26

2017/07/25

2017/07/23

2017/07/22

2017/07/20

  • 阪神 西岡、一時同点の適時打“激怒”の真相は「なめられたくない」

    を追う7回に、一時、同点となる適時打を放った。一塁ベースを回ったところで派手にガッツポーズ。その後、カープサイドに向かって吠えたような様子が映ったが、その理由を本人が試合後に明かした。「“もう1球、足元いったれ”と聞こえた。売られたケンカは買ったつもり。なめられたくないから。結果として、やり返した。
    2017/07/20スポーツニッポン
    詳しく見る

2017/07/19

2017/07/18

2017/07/15

2017/07/14

2017/07/11

2017/07/10

2017/07/09

2017/07/07

2017/07/06

2017/07/02

2017/07/01

2017/06/28

2017/06/27

2017/06/24

2017/06/23

2017/06/16

2017/06/15

  • 【中日】大野、突然5連打浴び3点リード手放す…想定外のKOでブルペン陣にシワ寄せ

    日は突然の乱調でナインを泣かせた。5回まで中田のソロによる1安打1失点に抑えていたが、3点リードの6回2死無走者から5連打を浴び、同点に追いつかれて降板。「2死を取ってから勝負を急ぎすぎました」。チームの連勝を2で止める背信投球に、小さな声を絞り出した。「同点打(4連打)までで帰ってくれば、いろんな
    2017/06/15スポーツ報知
    詳しく見る

2017/06/11

2017/06/09

2017/06/08

2017/06/07

2017/06/06

2017/06/02

2017/05/26

2017/05/25

2017/05/24

2017/05/23

2017/05/22

2017/05/21

2017/05/19

2017/05/18

  • 内川これぞ4番の一撃!均衡した試合に一発でけり

    一発でけりをつけた。初回に1点先制されたものの、3回1死一塁の場面で柳田が左翼線へ適時二塁打を放ち同点に。4回に1点勝ち越しを許したが、5回1死一塁で再び柳田。高々と打ち上げた打球が遊撃と左翼の間に落ち、これが同点の適時二塁打となった。同点で迎えた7回、2死走者なしの場面で内川が左翼スタンド最前列へ
    2017/05/18スポーツニッポン
    詳しく見る

2017/05/17

2017/05/14

2017/05/11

  • ダル 立ち上がりに2被弾 6回3失点で通算50勝お預け

    アーリントンで行われたパドレス戦に先発し、6回を投げ2本塁打を含む3失点。3―3の同点でマウンドを降り、勝ち負けはつかず。今季4勝目およびメジャー通算50勝は持ち越された。初回にマイヤーズの中越えソロで先制を許した。同点で迎えた2回にはアイバーに右越えソロが飛び出し、2イニング連続の被弾。なおも1死
    2017/05/11スポーツニッポン
    詳しく見る
  • 東浜7回途中2失点 オリに雪辱誓う

    途中の降板となった。同点の5回に駿太に勝ち越しのソロ被弾。再び同点となった7回は1死一、三塁としてリリーフに託した。このピンチは森がしのいだため、6回1/3を被安打6の2失点(自責1)。「いつも通り低めに丁寧に投げられたけど、本塁打は失投だった。森にも助けられた。来週もオリックスなのでしっかりと1週
    2017/05/11西日本スポーツ
    詳しく見る

2017/05/10

  • 阪神、二回に同点に追いつく D5位・糸原が同点打

    (セ・リーグ、巨人-阪神、7回戦、10日、東京D)6連勝中の首位・阪神が2点を追う二回、同点に追いついた。相手先発は大竹寛。無死二、三塁から6番・鳥谷の右犠飛、D5位・糸原(JX-ENEOS)の左前適時打で同点に追いついた。先制したのは巨人。一回、4番・阿部が左腕・岩貞から右越え6号2ランを放った。
    2017/05/10サンケイスポーツ
    詳しく見る

2017/05/06

2017/05/05

2017/05/04

2017/05/02

2017/04/30

2017/04/29

2017/04/27

2017/04/26

2017/04/25

2017/04/23

2017/04/22

2017/04/20

2017/04/18

2017/04/17

2017/04/16

2017/04/15

  • オリックス・中島が同点アーチ「いい感じで打てた」

    を追うオリックスは四回、先頭の中島が右翼ホームランテラスに飛び込む2号ソロで同点に追いついた。「打ったのはストレートです。少しこすったんですが、いい感じで打てました。逆転されていましたし、すぐに追いつくことができてよかったです!」中島は六回無死二塁でも左前打を放ち、早くも