優勝

優勝

2019/06/26

2019/06/25

2019/06/24

2019/06/23

2019/06/22

2019/06/21

2019/06/20

2019/06/19

2019/06/18

2019/06/17

2019/06/16

2019/06/15

2019/06/14

2019/06/13

2019/06/10

2019/06/09

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/06

2019/06/04

2019/06/03

2019/06/02

2019/06/01

2019/05/31

2019/05/27

2019/05/26

2019/05/25

2019/05/23

2019/05/22

2019/05/21

2019/05/20

2019/05/19

2019/05/18

2019/05/17

2019/05/16

2019/05/14

2019/05/13

2019/05/12

2019/05/11

2019/05/09

2019/05/08

2019/05/06

2019/05/05

2019/05/03

2019/05/02

2019/05/01

2019/04/30

2019/04/28

2019/04/27

2019/04/26

2019/04/24

2019/04/23

2019/04/22

2019/04/21

2019/04/19

2019/04/18

2019/04/17

2019/04/16

2019/04/15

2019/04/14

2019/04/09

2019/04/08

2019/04/07

2019/04/06

2019/04/05

2019/04/04

2019/04/03

2019/04/02

2019/04/01

2019/03/31

2019/03/30

2019/03/29

2019/03/27

2019/03/26

2019/03/25

2019/03/24

2019/03/23

2019/03/22

2019/03/20

2019/03/19

2019/03/18

2019/03/17

2019/03/16

2019/03/15

2019/03/14

2019/03/13

2019/03/12

2019/03/11

2019/03/10

2019/03/09

2019/03/07

2019/03/06

2019/03/05

2019/03/04

2019/03/03

2019/03/02

2019/03/01

2019/02/26

2019/02/25

2019/02/24

2019/02/22

2019/02/20

2019/02/19

2019/02/18

2019/02/16

2019/02/14

2019/02/13

2019/02/12

2019/02/11

2019/02/10

2019/02/09

2019/02/08

2019/02/06

2019/02/05

2019/02/04

2019/02/03

2019/02/02

2019/02/01

2019/01/31

2019/01/30

2019/01/29

2019/01/28

2019/01/27

2019/01/26

2019/01/25

2019/01/24

2019/01/22

  • 藤井聡太七段、2度目の竜王就位式「今年は昨年以上を」

    闘を制して新竜王となった男は「妻に感謝を」と語りながら、棋王戦や順位戦など他棋戦での活躍も誓っている。また、藤井聡太七段(16)ら各組優勝者も勢ぞろいし、それぞれ喜びを語った。◆2組優勝・三浦弘行九段(44)1996年度に棋聖を奪取し、羽生善治の7冠時代に終止符を打った実力者。風邪をひいている様子の
    2019/01/22スポーツ報知
    詳しく見る
  • 【球界ここだけの話(1516)】西武・高橋朋、トミー・ジョン手術から再復活を目指す ファンの「トモミー」をもう一度

    季10年ぶりのリーグ優勝を果たした西武で、個人的に悔しい思いを抱えた選手もいる。2014、15年に2年連続で60試合以上に登板した高橋朋己投手(30)もその一人だ。「初めは正直、悔しかったけど、強すぎてそう思っていた自分が恥ずかしくなりました。途中からは一ファンという目線で見ていた。ただ、いざ優勝
    2019/01/22サンケイスポーツ
    詳しく見る

2019/01/21

2019/01/20

2019/01/19

2019/01/18

2019/01/16

2019/01/15

2019/01/14

2019/01/13

2019/01/12

2019/01/11

2019/01/10

2019/01/09

2019/01/08

2019/01/07

2019/01/06

2019/01/05

2019/01/04

2019/01/03

2019/01/02

  • 逃げる東洋大、追う青学大 東海大は阪口がキーマン 箱根駅伝復路展望

    2年連続7度目の往路優勝を果たした東洋大を中心に、東海大、王者・青学大が優勝を争う。青学大5連覇には黄色信号がともっている。抜群の安定感で往路を制した東洋大は6区今西駿介(3年)や7区小笹椋(4年)らブレーキの可能性が低い選手が並ぶ。追いつくには攻めの走りが必要だが、リスクも高まる。前回6~8区連続