打席目

打席目

2019/06/26

2019/06/24

2019/06/21

2019/06/20

2019/06/19

2019/06/16

2019/06/15

2019/06/14

2019/06/13

2019/06/12

2019/06/11

2019/06/10

2019/06/09

2019/06/08

2019/06/07

2019/06/06

2019/06/05

2019/06/04

2019/06/03

2019/06/02

2019/06/01

2019/05/30

2019/05/27

2019/05/26

2019/05/25

2019/05/24

2019/05/23

2019/05/22

2019/05/21

2019/05/20

2019/05/19

2019/05/18

2019/05/17

2019/05/16

2019/05/15

2019/05/14

2019/05/11

2019/05/10

2019/05/08

2019/05/07

2019/05/05

2019/05/04

2019/05/03

2019/05/02

2019/05/01

2019/04/30

2019/04/29

2019/04/28

2019/04/27

2019/04/25

2019/04/24

2019/04/20

2019/04/19

2019/04/18

2019/04/17

2019/04/15

2019/04/14

2019/04/13

2019/04/12

  • 【阪神】木浪 18打席目でついにプロ初安打「だいぶホッとしました」

    )=ホンダ=が、18打席目で待望のプロ初安打を放った。5点を追う7回1死から代打で登場。1ボール1ストライクからの3球目をはじき返すと、ライナー性のきれいな打球が中前で弾んだ。18打席目でついにともした「H」のランプ。両手を3度たたき、満面の笑みでベンチに向けてガッツポーズを作った。「だいぶホッとし
    2019/04/12スポーツ報知
    詳しく見る
  • ソフトB美間、昇格即アピール 移籍後初安打

    軍昇格を果たすと、8回2死で代打で登場し、公文の直球を右翼線へ運ぶ二塁打をマーク。移籍後の初打席初安打にベース上で笑顔を見せた。11日は2軍遠征先の名古屋から午前7時ごろの新幹線で移動。疲れもある中で結果を残し「1打席はあるぞ、と本多コーチからも聞いて準備もできていた。1打席目にアピールできてうれし
    2019/04/12西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/04/11

  • ソフトB美間 代打で移籍後初安打!1軍昇格即結果「アピールできて良かった」

    。5―2の8回2死から代打で起用され、公文から右翼線二塁打。「ストライクは振ろうと決めていた。チャンスが来て、1打席目でアピールできて良かった」と喜んだ。この日に1軍昇格した美間に、工藤監督は「2軍で結果が出ていた。今日は1打席、立たせてあげたかった。最初にヒットが出て、ホッとしたと思う」と話した。
    2019/04/11スポーツニッポン
    詳しく見る

2019/04/10

2019/04/09

2019/04/08

2019/04/07

2019/04/06

2019/04/05

2019/04/03

  • 巨人・丸 打った!ミスターへ恩返しできた「気が引き締まりました」

    フルスイングした打球は大きな放物線を描き右翼席に着弾。本拠地開幕戦。長嶋終身名誉監督が久々に観戦に訪れた試合で、17打席目での移籍後初本塁打だ。ベンチでは仲間が両手で輪を作る「丸ポーズ」で出迎えた。初回にも右翼線を破る先制適時二塁打を放つなど、2安打3打点の活躍で勝利に貢献。「当然、気が引き締まりま
    2019/04/03デイリースポーツ
    詳しく見る

2019/04/01

2019/03/31

2019/03/30

2019/03/29

2019/03/25

2019/03/24

2019/03/22

2019/03/21

2019/03/18

2019/03/15

2019/03/14

2019/03/13

2019/03/11

2019/03/10

2019/03/08

2019/03/07

2019/03/06

2019/03/05

2019/03/04

2019/03/03

2019/03/02

2019/03/01

2019/02/28

2019/02/27

  • ソフトB、継続して結果出すことがアピール/柴原洋氏の目

    タメンで出た真砂は2打席目に左投手から左中間を破る三塁打を放った。足の速さと打力をアピールした形だが、注目したいのは第3打席。一直にはなったが、右投手にうまく対応していた。1打席目では右投手から三振しており、修正がしっかりできたということだろう。右投手への対応は課題の一つ。そこがクリアできれば、左打
    2019/02/27西日本スポーツ
    詳しく見る

2019/02/26

2019/02/25

2019/02/24

2019/02/23

2019/02/17

2019/02/16

2019/02/14

2019/02/13

2019/02/12

2019/02/11

2019/02/10

2019/02/07

2019/02/05

2019/02/04

2019/02/03

2018/11/14

2018/11/13

2018/11/11

  • 【侍ジャパン】岡本16打席目での初安打「ヒットはヒット」

    侍ジャパンの岡本和真内野手(22)が、侍ジャパン初安打を放った。7回2死、ヌノのチェンジアップを捉えた打球は二塁へのボテボテの打球となったが、二塁手の送球がそれて内野安打となった。7日の台湾との壮行試合から含めて計16打席目で侍ジャパン初安打となり、「ヒットはヒットなのでよかったです」と振り返った。
    2018/11/11スポーツ報知
    詳しく見る

2018/11/08

2018/11/07

2018/10/31

2018/10/30

2018/10/29

2018/10/19

2018/10/14

2018/10/12

2018/10/09

2018/10/08

2018/10/07

2018/10/05

2018/10/02

2018/09/29

2018/09/28

2018/09/24

2018/09/23

2018/09/22

2018/09/21

2018/09/20

2018/09/19

2018/09/18

2018/09/17

2018/09/15

2018/09/12

2018/09/06

2018/09/05

2018/09/03

2018/09/02

2018/08/31

  • 広島 丸の決勝31号で2位ヤクルト下す 延長戦制し4連勝でマジック「17」

    乗る2位ヤクルトとの戦いは、土壇場の九回に追い付いた広島が延長十回、ヤクルトの4番手梅野から先頭の丸が右中間席へ31号ソロを放ち勝ち越した。4打席無安打だった丸は5打席目は初球を空振り。「そこまで何もしていなかったので、なんとか仕事ができてよかったです。初球に大振りしてしまったので、コンパクトにと思
    2018/08/31デイリースポーツ
    詳しく見る

2018/08/25

2018/08/24

2018/08/18

2018/08/17

2018/08/16

2018/08/13

2018/08/12

2018/08/10

2018/08/07

2018/08/04

2018/08/03

  • ソフトB・打線わずか5安打2得点 収穫は柳田7戦ぶり復帰だけ

    者なしで、この試合2打席目となった柳田が3番手の田村に追い込まれると、最後は外角へのカットボールにバットが空を切った。前日1日に17安打14得点と大爆発した打線は、わずか5安打2得点で完敗。まったくと言っていいほどいいところがなかった中、収穫は途中出場とはいえ柳田が7戦ぶりに出場できたことだけだった
    2018/08/03西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/08/02

2018/08/01

2018/07/29

2018/07/27

2018/07/24

2018/07/23

2018/07/22

2018/07/21

  • 阪神・北條、待望1号 336日ぶり一発「久々に良い感触」

    からの146キロ直球をコンパクトに振り抜くと、打球は追い風にも乗って左中間席中段まで届いた。「出塁することを考えて、どんどん積極的にいこうと思っていました。久々に、良い感触の打球を打つことができました」今季62打席目で飛び出した1号。昨年8月18日の中日戦以来、336日ぶりの本塁打だった。逆転での大
    2018/07/21スポーツニッポン
    詳しく見る

2018/07/20

2018/07/18

2018/07/17

2018/07/14

2018/07/13

2018/07/12

2018/07/10

2018/07/07

2018/07/06

2018/07/05

  • 阪神・陽川、好機演出「何とか塁に」

    た。左翼・アルモンテの失策も絡み、一気に無死三塁の好機を演出。その後、ナバーロの犠飛で同点のホームを踏んだ。「先頭だったので何とか塁に出ようと。1、2打席目の内容がよくなかったのですが、そこからうまく修正できたと思います」。4番で先発出場を続けている3試合で、毎試合安打。日に日に存在感を増している。
    2018/07/05サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/07/04

  • 阪神・糸原、2戦連続打点

    1-4で迎えた四回二死一、二塁で小笠原の129キロ変化球を逆方向へ鮮やかに弾き返し、左翼線への適時二塁打を放った。2安打1打点で2試合連続で打点をあげた。「1打席目は凡退(遊ゴロ)していて次につなげようと思っていました。それがタイムリーになってよかったです」。勝負強い1番としてチームに貢献していく。
    2018/07/04サンケイスポーツ
    詳しく見る

2018/07/03

2018/06/30

2018/06/29

2018/06/26

2018/06/25

2018/06/23

2018/06/22

2018/06/18

2018/06/16

2018/06/12

2018/06/10

2018/06/09

2018/06/07

2018/06/05

2018/06/04

2018/06/03

2018/06/01

2018/05/31

2018/05/30

2018/05/29

2018/05/25

2018/05/24

2018/05/23

2018/05/22

2018/05/21

2018/05/19

2018/05/18

2018/05/17

2018/05/16

2018/05/13

2018/05/11

2018/05/10

2018/05/09

2018/05/08

2018/05/07

2018/05/06

  • ソフトB内川、12打席ぶり安打で「M1」 カズ山本氏からは「リラックス」

    変わらないとおかしいでしょ」。カウントダウンが進むにつれて注目が高まり続けた狂騒曲も、いよいよフィナーレを迎える。「ホームで決めたいというより、早く終わりたい」。球場を去る際、本音をにじませた。2戦連続で足踏みが続いていた4番の、2打席目だった。4回、柳田が先制2ランを放った直後。山岡の外角低めに逃
    2018/05/06西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/05/04

2018/05/02

2018/05/01

2018/04/30

2018/04/29

2018/04/28

2018/04/27

2018/04/26

2018/04/25

2018/04/24

2018/04/23

2018/04/21

2018/04/20

2018/04/19

  • DeNA・桑原、37打席目で今季初打点「(心境は)特に変わらない」

    二死一、二塁からチーム3点目となる中前適時打。今季37打席目で初打点を挙げた。「(心境は)特に変わらないです。僕は自分の感情を出したくないので。ただ、周りがいい流れをつくってくれたので、思い切ってできました」。出塁後にはすかさず今季4個目の盗塁を決め、「自分はああいうところで勝負している」とうなずい
    2018/04/19サンケイスポーツ
    詳しく見る
  • 【楽天】ウィーラー、得点圏19打席目で初適時打「勝てたことが一番よかったね」

    ら17試合中16試合で4番に座っていた主砲はこの試合で5番に降格。試合前の時点で本塁打0、打点1で、得点圏に走者を置いた場面では17打席無安打とあって、受け入れざるを得なかった。得点圏19打席目にしてようやく生まれた初タイムリー。「コンディションは問題ないよ。勝てたことが一番よかったね」とホッとした
    2018/04/19スポーツ報知
    詳しく見る
  • ソフトB明石、昇格即安打

    がら調整を進めてきた。離脱した中村晃に代わっての1軍昇格。2打席目に今季初安打となる中前打も放った。守りでは左翼と一塁で出場。「初回から(体が)ふわふわしていた。(左翼での出場で視界も変わって)何気に楽しかった。これからもけがしないように」と笑みを浮かべた。=2018/04/19付 西日本スポーツ=
    2018/04/19西日本スポーツ
    詳しく見る

2018/04/18

2018/04/17

2018/04/14

2018/04/13

2018/04/12

2018/04/11

2018/04/10

2018/04/08

2018/04/05

2018/04/04

2018/04/02

2018/04/01

2018/03/31

2018/03/27

2018/03/24

2018/03/22

2018/03/21

  • 大谷、16打席ぶり安打 平野は1回1失点、被弾に反省「納得できないまま…」

    ンドバックス戦で16打席ぶりの安打を放った。2打席連続ニゴロで迎えた3打席目。6回1死、2ボール2ストライクと追い込まれたが左腕・ポーシェの真ん中低めスライダーを中前に運んだ。8回の4打席目はニゴロに倒れた。実戦10試合に出場し28打数3安打、打率・107、0本塁打、1打点。また、ダ軍は平野が0-2